QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚の写真で中国を表わす

中国・西安市の高速道路では、道路補修工事の作業員の安全確保のために壁が設けられているのですが、大きな問題が起きているそうです。

なんと壁があることを示す標識や照明の類が無いため、夜間に衝突する車が多発していると言うのです。


道路
道路を塞ぐ形のこの壁は高さ1.5メートルほどあり、レンガとコンクリートで作られています。

衝突事故を起こしたZou Tieqinさん(42歳)は、「家族を乗せて運転していたら、いきなりヘッドライトの先に壁が見えました。あわててブレーキを踏んでも到底間に合わず、壁に激突してしまいました」と述べています。

Zouさん一家はエアバッグのおかげで助かったそうですが、車から出てみると他にも激突した車が沢山あったと言います。

そして壁の安全確保を怠ったとして、当局に賠償を求めて告訴したそうです。

しかしながら、これを受けた当局側は壁の手前に照明を配置したものの謝罪は拒否し、衝突事故が起こるたびに壁の補修をし続けているとのことです。


公害を地球規模でまき散らすお国柄、これくらいの事は屁とも思っちゃいません。

http://arbroath.blogspot.jp/2011/02/safety-wall-built-across-motorway.html


スポンサーサイト

tag : 謝罪拒否 交通事故 裁判 安全確保 当局 賠償 告訴

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。