QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意図するものは

中国のレーダー照射は安倍が中国を牽制するせい 中国は売国奴受け入れて友好ムードなのに
売国奴 ← 村山富一 鳩山由起夫


中国海軍:レーダー照射 関係改善進まずいら立ちか

【北京・工藤哲】中国海軍のフリゲート艦が東シナ海で海上自衛隊の護衛艦にレーダー照射した背景には、 日本の安倍晋三政権に対する中国側の強いいらだちがある可能性が高い。日中間では首相経験者らが活発 に往来し、中国側が友好ムードを演出しているにもかかわらず、対中強硬姿勢を取り続ける安倍首相に態度 軟化への変化が感じられないためだ。


尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化をめぐって行き詰まる日中関係の打開のため、日本から公明党の山口 那津男代表が1月下旬に訪中。中国側も関係改善への突破口とするため、習近平共産党総 書記があえて会談し、安倍首相からの親書を受け取った。だが、その後も日本側は、中国側が期待するような 行動を見せず、中国側は不信感を募らせていたようだ。


習総書記は先月28日、党政治局の学習会の席で「我々の正当な権益を放棄することはできない」と語り、 尖閣諸島問題で日本に譲歩しない姿勢を改めて強調した。

先月14日付の中国人民解放軍機関紙「解放軍報」は1面トップで、軍総参謀部が2013年の軍事訓練に 関して「戦争に備えよ」と全軍に対して指示を出していたことを報道した。この時期から中国メディアによる 日本批判の報道が増えた。

安倍首相は先月16日から、南シナ海で中国と領有権を争うベトナムなど東南アジア諸国連合(ASEAN) 3カ国を歴訪した。一連の日本側の動きに対し、中国側は「自国をけん制している」と受け止め、米国や日本が 南シナ海の領有権問題に介入することに不快感を示していた。


日中間では最近、鳩山由紀夫、村山富市の両元首相らが相次いで訪中し、その都度、中国側は党や政府の
高官が会見するなど丁寧な応対を続けてきた。その一方で、安倍首相本人は引き続き中国をけん制する発言 を繰り返しているため、中国側には不信感が募っていたようだ。


当面、中国は日本の出方を見極める立場とみられる。ただ、日本側に変化が見られない限り、さらなる強硬的 な措置を取るとみられ、日中関係はさらに厳しい局面を迎える。


毎日新聞より抜粋加筆
http://mainichi.jp/select/news/20130206k0000m030077000c.html

スポンサーサイト

tag : 中国 軍部暴走 習近平 中共 強行措置 領有権問題 南シナ海

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。