QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶれない無責任

野田政権がぶれない政治を盛んに強調していたのは。記憶に新しいことです。
しかし、捻くれ者の私は、ぶれずに繰り返す無責任発言と捉えていました。


昨年の衆議院解散前、つまり師走の初め、世界最大の太陽光発電メーカー・サンテックパワー(中国)の経営がおかしいことを知ったのです。

中国株式市場上場の太陽光発電メーカー全体の第3四半期の売り上げが100億元未満に対し、在庫は500億元である。経営のミスではなく、太陽光発電の需要が消滅しているからです。


これまで各国は補助金や家計への負担で太陽光発電を推進してきたが、結局採算の合わないものは持続できないという当然の原理で失速しているのです。


民主党の当初考えていた今後のエネルギーミックスは、再生可能エネルギー35%(現在は10%弱)、火力50%、原子力15%程度だったが、30年代に脱原発であるなら、再生可能エネルギーは35%以上ということで、そしてその増加分のほとんどが太陽光発電になるわけです。


民主党のやりかたは、結果として、世界中でごみのようにみなされつつある太陽光パネルを中国企業を救済する為せっせと購入し、国民に世界一高い電力料を押し付けることになるのです。


当然民主党の中でもそんなことに気付いている人はたくさんいると思うけれど、それを言い出すと30年代に脱原発なんていえなくなるから黙っている。


そう思うのは私の捻くれた信条からでしょうか。


選挙スローガンとしては維新のフェード・アウトが優れていたと思う。これは原子力の自然死を意味する言葉で、原子力以上に効率的なエネルギーを開発しようという意味が込められている。だから石原維新代表と松井一郎大阪府知事の間で意見の違いがあるように報道されるが、実はそんなに違いはなかった。


野田首相は維新が「毎日言うこと違う」と批判していたが、それぐらい決定的なことを今決めることは出来ない。出来もしない太陽光発電に依存する脱原発を毎日ぶれずに繰り返す民主党のほうがよほど無責任だ。最低でも県外、というのと違いは見出せなかった。


民主党に見切りをつけ自民党に投じた有権者、果してどこまで深読みしていたのか・・・。あれ程識者が唱えていた日本近海に埋蔵されている海洋資源(メタンハイドレード・レアアース)の開発に関してはどの党も公にしなかった。 ← 一種のミステリーではあります。

「藻」の話も ↑


民主党にすれば、後の祭りとでも・・・


太陽電池メーカーの大全新能源や晶澳太陽能などの太陽光発電関連メーカーも、NYナスダック市場から上場廃止の警告を受けている。




スポンサーサイト

tag : 脱原発 民主党政権 維新の会 みんなの党 エネルギー政策 世界で一番高い電気料金

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。