QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ど鳩

土鳩の戯言

最低でも県外

鳩山さんもうじっとしていて、あなたは既に終った人だから。こんな叫び声を発している与党議員もいます。




鳩山が選挙に出なかったのは賢明な選択だったと思うのは私だけだったろうか?自民が信任されたわけではなかったが、若し、出馬していたら笑い者になっていた。間違いなく。

友愛とか、コンクリートから人へとか、飛びつきそうな言葉を連発していた民主党のせんせーがた。他に流行語にもなった。二番じゃ駄目なんですか、一番じゃないと駄目なんですか・・・これも飛びつきそうな、事業仕分けという。あれは何だったんだ。


鳩山由紀夫元首相が15日から4日間、中国を訪問した。中国政府の招聘を受けたもので、鳩山氏は日中関係の改善に意欲を見せているという。ただ、首相時代の外交失態が記憶に新しく、与野党に批判と困惑が広がっている。

とんでもないことだ。鳩山氏は一体何を考えているのか!


外交は極めてデリケート。 安倍政権は発足以来、政府首脳や官僚らがさまざまな情報を集めて、丁寧に外交を進めている。 安倍首相の3カ国を歴訪も、海洋における『法の支配』をめぐって協議し、軍事的に台頭する中国をけん制する狙いもある。 思い付きで動く鳩山氏はそういう戦略を理解せず、結果的に日本外交を壊しかねない。


案の定、問題ある発言をして帰ってきた。



中国は並行して、三年位前から挙動が不明の創価学会名誉会長、池田大作氏と接触をしたい模様だった情報がある。中国なりの模索であったのだろう。公明党の山口代表が訪中したのと無関係ではなさそうだ。

田中角栄が進めた日中国交回復の舞台裏には、公明党を操る池田大作氏の姿があったから、その流れで領土問題を何とかしようと模索していたと思われます。

中国が思っているほど池田大作という人間は日本では評価されていない。諸外国からの勲章や名誉博士号は大枚を動かした見返りと言うのが識者の大方の見解でありますから。

ま、そんな枝葉の事はさて置いて、親からの贈与を知らずにいた坊ちゃん育ちの議員が総理になる民主党の体質そのものが異常でした。

鳩山さん、議院を辞めていただき心より御礼を申し上げます。引き降ろす手間が省けて大助かりでした。
出馬していても、最低でも圏外でしたでしょうから。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。