QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノクロ写真をカラー化

カラー写真が発明されたのは意外と古く1860年頃だそうですが、実用的なものが広く一般に普及し始めたのは20世紀の半ば頃になります。

当然それ以前の写真のほとんどはモノクロですが、現代の技術でカラー化することが可能となっています。

アインシュタインやダーウィンなど、歴史上の偉人や著名人、そして事件の写真がカラーだったら印象は変わるのでしょうか。そんな「もし」を実現した写真をご覧ください。


1
カラー化1エイブラハム・リンカーン




2
カラー化2アルベルト・アインシュタイン



3
カラー化3アンネ・フランク



4
カラー化4アルフレッド・ヒッチコック



5
カラー化5ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ




6
カラー化6チャールズ・ダーウィン



7
カラー化7セオドア・ルーズベルト




8
カラー化8チャールズ・チャップリン




9
カラー化9チェ・ゲバラ




10
カラー化10フリチョフ・ナンセン




11
カラー化11ウィンストン・チャーチル




12
カラー化12カリン・ボイエ




13
カラー化13マーク・トウェイン




14
カラー化14写真タイトル"Migrant Mother"「移民の母」(写真家ドロシア・ラング)




15
カラー化15モーリタニア (客船・初代) (リバプールの波止場、1909年)




16
カラー化16真珠湾攻撃





17
カラー化17第二次世界大戦の終戦を祝うタイムズスクエアの水兵と看護師




18
カラー化18クロスロード作戦 (ビキニ環礁の核実験・ベーカーテスト)


モノクロ写真だと、どこか現実感のない資料と言った趣もありますが、カラーだと生々しさがあります。

未来の人類が、歴史資料として現代の鮮明な映像を見たときに、どういう感覚を持つのでしょうか。


http://izismile.com/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。