QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木枯らし紋次郎

木枯し紋次郎(こがらしもんじろう)は、笹沢左保の小説。またその主人公の異名。

殺陣がリアルで、今までの時代劇のばっさり切るスタイルから、泥臭い殺陣に変ったのがこのテレビ映画からだったように思う。


閑話休題

さて、その紋次郎こと、中村敦夫であるが、1995年(平成7年)の参議院選挙でさきがけ公認生活者ネット推薦で出馬したが落選する。この時の選挙公約が「教育委員会の解体だった」


1998年(平成10年)7月に同選挙さきがけの推薦及び市民の党の応援を受ける無所属候補として立候補し、東京都選挙区から初当選をする。同年10月に「環境主義・平和外交・行政革命」の3つを基本理念とした民権政党「国民会議」を一人で旗揚げする。


この頃から教育委員会という厄介な化け物に興味を持ち(批判的)始めた私であるが、いいところも有るには有るが、教育委員会に発言力を持たせすぎたと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。