QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な日本食

何これ!危いと、外国人が思わずしり込みしてしまうという10の日本食が紹介されていました。食文化というのは、日本国内においても地域差があり、同じ日本人でもギョっとするものも存在するくらいだから、ましてや海外の人、よりいっそうの!!を体感していそうです。



1. Shirako 「白子」(Fish Sperm)
精巣という事実を知ってしまうと美味しくても声を上げてしまうそうです。
 



2. Inago no Tsukudani 「いなごの佃煮」 (Grasshoppers)
羽根をもぎ取って甘辛く煮て食べる昔の貴重な蛋白源だったイナゴも原型をとどめているからでしょうか。全国的にポピュラーなんですが。








3. Basashi 「馬刺し」(Raw Horse Meat)
よくご存知の馬の刺身。桜肉とも呼ばれ全国的に知られている。










4. Nattō 「納豆」(Fermented Soybeans)
学校給食にでるくらいだから。
 


5. Fugu 「河豚」(Poisonous Fish)
毒があって死の危険性すらあるのに、それでも尚食べるってということでしょうね。
 



河豚の卵巣の糠漬けは石川県の郷土料理。卵巣を二年以上塩漬けして毒素を消失させた発酵食品。かなりの珍味だそうです。






6. Hachinoko 「蜂の子」(Bee Larvae)
黒スズメバチ(ヘボ)の親子。愛知長野岐阜、全国的に食べる。








7. Zazamushi 「ざざ虫」(Aquatic Insects)
私は初めて目にする名前。カワゲラ、トビゲラなどの水中昆虫の幼虫らしい。




8. Kujira & Iruca 「くじら & いるか」(Whales & Dolphins)
刺身を食べる人なら食べるでしょ。










9. Shiokara 「塩辛」(Fermented Seafood)
嫌いな人の方が少ない。







10. Shirouo no Odorigui 「シロウオの踊り食い」(Dancing Icefish)
日本各地の小さな河川の多い地方でみられる料理法で、、シロウオを生きたまま食べること。口の中で生きた魚がピクピク動くのがやはりダメなんだろうね。日本だと、それが風流という解釈になったりもする。




何かと注目を浴びる日本人です。ここは一つ有名税と思っての開き直りはいかがでしょ。



この記事を書いているときに見つけましたが、世界最大の毒蜘蛛を子供が捕獲して焼いて食べてましたもんね。]

食犬食人文化だって現存しているんですから。

http://www.loneleeplanet.com/2010/02/10-weird-japanese-foods/


この中の八つを美味しくいただいている私です。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。