QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高は深刻になるばかり

これだけ日本経済がぼろぼろなのに、なぜ円が強いのか。理由はいくつも考えられますが、他の先進国が輪をかけて深刻な状況にあるというのが根っこにあります。

ではアメリカ政府の借金はいったいどれほどのものなのか、単純に示した数字が話題を呼んでいました。


USの租税収入: 2,170,000,000,000ドル
連邦予算: 3,820,000,000,000ドル
新規債務: 1,650,000,000,000ドル
債務総額: 14,271,000,000,000ドル
新規予算削減: 38,500,000,000ドル


アメリカ政府の支出を数字で表したものですが、これではピンときませんよね。そこでゼロを8個取り除き、家計だと考えてみることにします。


年収: 21,700ドル
支出: 38,200ドル
クレジットカードの新規の請求額: 16,500ドル
クレジットカードの累計の請求額: 142,710ドル
節約で切りつめる額: 385ドル


ここはわかりやすく1ドルを単純に100円として置き換えてみると以下のようになります。


年収: 217万円
支出: 382万円
クレジットカードの新規の請求額: 165万円
クレジットカードの累計の請求額: 1427万円
節約で切りつめる額: 3万8500円

なんと言うか、もう絶望するしかない数字ですよね。

アメリカ国債(政府の借金)がデフォルト(債務不履行)になるんじゃないかと、たびたびニュースになっているのも納得の、もはや惨事と言ったところ。


国家予算だと大きすぎてピンときませんが、家庭の数字に置き換えると、それはそれでわかり過ぎてつらいものがあります。

クレジット社会の陥りやすい盲点ではありますが

私は、新規クレジット商品を開発する時、例え話で、一万円札に「一万二千円」の値札を付けたら誰も買わないよね。

そんな話をします。(していました)


借りるときのエビス顔、返す時の閻魔顔


3-1続く


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

さすがatyさん。

解りやすい解説ありがとうございます。

ま、絶望的ですね。。

2. Re:無題

>hiroeさん

絶望的、そうなんですよ。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。