QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の吊橋ゃどなたが通る


ブログヘッダ画像を替えました。画像内の文字について、該当する国の方の反論は認めません。


ちゃんと整備されたつり橋でも、ゆらゆら揺れると怖いものです。

踏み外さない方が奇跡のような、恐るべきつり橋がありましたのでご紹介します。

1

どこのどのような橋なのかは、ネタ元に書かれていないので不明なのですが、ちゃんと生活のために渡っている人々はいるようです。


2

もうちょっと幅のある木材はなかったのでしょうか。


3
 
向こう岸は遥かかなた。この長さを渡っていかねばなりません。


4
 
板と言うより棒の上を歩いている感じです。


5
 
そして確実によく揺れることでしょう。


7
 
思いきり踏み外してます。


8
 
渡ってきたところ。もういくつか板がくずれかけていますね…


戻ることも出来ない時、前進あるのみです。若かりし頃に観た映画
絶対に後戻りできないストーリの「前進か死か」を思い出しました(苦笑)


http://www.everythingweird.com/entry/amazingly-dangerous-bridge-boredom-can-kill/



山の吊橋ゃ どなたが通る せがれ亡くした鉄砲撃ちが 話し相手の犬連れて 熊の親父を土産にすると 鉄砲一撫でして通る。


中央アジア!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。