QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国脅威論ということ


以下、韓国の論調

日本が原子力基本法などに「国の安全保障に資する」という文言を新たに追加し、核を軍事的に使用する可能性を示した背景には「中国脅威論」があると分析されている。

外交通商部の関係者は22日、日本では最近、米国と共に世界の問題を話し合うほど世界の大国に浮上した中国に対する警戒心が高まっている。

中国をけん制・封鎖しようという観点から、日本政界が今回の動きに出た可能性があると語っている。

北朝鮮の核兵器や長距離ミサイルなどに対する警戒心もあるが、中国を意識した側面が大きいというわけなんでしょう。

日本と中国は最近、尖閣諸島の領有権問題をめぐって対立している。昨年8月に中国初の空母ワリャーグが試験航海を始めたことも、日本を刺激したとみられる。

空母ワリャーグが本格的に南太平洋に配備された場合、日本との摩擦は避けられないという指摘が多く出ています。

こうした両国間の緊張を反映するかのように、日本の書店では、中国は日本の海洋資源を狙って紛争を本格化させる、中国は結局戦争を起こす。

といったセンセーショナルな内容の雑誌や書籍が飛ぶように売れている。中国脅威論が、一種の中国恐怖論にまで拡大しているというわけです。

というようなことを以下のソースで発信しています。さすが、コジツケや煽ることは上手いですな。



ソース:朝鮮日報 日本、「核カード」で中国けん制の試み
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/23/2012062300571.html


関連スレ:【日韓】日本「核武装合法化」韓国政府「鋭意注視」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1340272666/


※文字の変換がおかしくなったりしたとき、言語バーを見てください。百度(Baidu/バイドゥ)IMEがインストールされていたりします。ご注意を。

かの国はPCまで無断で侵入してきます。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。