QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利き酒師(キキザケシ)について 

酒たまねぎやさんのネタをパクっています。


美味しい米の産地だから酒が旨い。本当? うそです

美味しいお米の産地だからお酒が旨い、だから東北、新潟の酒は旨いと、いまの時代でも言い張る方がいらっしゃいますが、関係ありません。

東北、新潟にも旨い酒があると言う言い方が正解です。だいたい酒造好適米の最高品種である山田錦は、おくての品種のため食用米にくらべて、植えるのが早く収穫が遅いために、秋の短い東北、新潟では良い山田錦は絶対にできません。

ですから兵庫、福岡から吟醸用に山田錦を買ったりしています。現在五百万石という酒造好適米は新潟などで多く作られています。現在においては、酒造りに地域とかは関係ありません。

一番大切なのは製造技術であり、管理技術であり総体的な蔵元さんの酒の造りに対しての姿勢とか考え方です。この詳しいことはまた別に書きます。山田錦はたべても美味しく無いと言っている人がいますが、そんなことはありません。

新米はけっしてまずくありません。でも格別おいしくもありません。日本一高いお米をわざわざ飯米にする必要もないでしょう。

 

利き酒師(キキザケシ)について 

最近キキザケシと名刺にかいて喜んでいる輩が結構います。時々雑誌のお店紹介などで、プロのキキザケシがいる店などと紹介されていたりしますが、プロのキキザケシなどというものはいません。

いるのは、ただ銭を払ってその資格を買って(受講料、受験料、認定料、年会費までとられて)喜んでいるあほな連中だけです。

よく蔵元さんに行った時などそういった人達が来て本人は色々と難しい話しをしているつもりで、あとで蔵元さんや杜氏さんからばかにされていたりします。

商売ですから知識として酒の事を教えて、銭をとるのはいいでしょう。でもそこに資格という日本人が弱いものをくっ付けただけのものです。

どこかの居酒屋さんか、酒屋さんでわたしが、キキザケシですと胸を張っている人がいたら『へ~すごいですね、キキザケシですか。』と感心してあげましよう。

あとで酒の肴になります。古酒キキザケシなどもでてきて、古酒の数を飲めば認定されるなんて、地下鉄のスタンプラリーなみですなあ。

うちのお客さんなんてみんな、その古酒キキザケシになれるんでしょうね。でもうちのお客さんは、そんなあほみたいなのは、いらんと言うと思いますがね。

十なん万円か払えばそのキキザケシという資格が通信教育で買える、いや取れるらしいです。だいたい、世界で一番ワインのソムリエが多い国はどこだと思います?わが日本なのです。

ああいった資格は取る事だけを目標にするよりも取った後の事の努力ほうが大切なのに、ソムリエの資格を取っただけで『私はソムリエですよ』というようなろくでもないアホな連中が多すぎる。

だから全然ワインのサービスに従事していない人間でも取ってよろこんでいたりする。(本当は受験できないらしいが、取っている人が多いのも事実)


白玉の 歯にしみとおる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり♪


酒は古酒 女は年増

ここも読んでみてください。 ← 殺されるのを覚悟で書いています。

おしまい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

私も酒の勉強のために 利酒師の資格取りましたが、
何十万もかかってないですよ^^;
年会費も ばかばかしいので払ってないですし・・。
いろんな方が利酒師にもいると思いますが・・。

2. 無題

読んでみました。

一度読んだだけでは頭に入りきらないので
(本になっているのですよね?)
読みたいと思います。
名前をつけてレッテルを貼っていることにも、著者の人間としての深さを感じました。
きちんと調べあげ
歪みを公にし、主張し、毅然とする…。
いまの日本を救ってくれる人が日本人以上に日本を考えてくださって発信し行動して下さることに心から感謝します。

他力本願にならないように政府に願います。



お酒の美味しさは原料の質や効果ではなく
料理にしても、もの作り、芸術にしても、
作り手の想い、注ぐ愛情や真心の深さが良いものを作り出すのでは…と思います。

3. 多謝。

崔氏の記事。①は読破しました。
②から続けてい、新たなく楽しみが増えました。

いい記事です。

日本の現況に憤りの今、
氏の記事の拡散を切に希望します。

4. Re:無題

>三日月とうさぎの女将さん

酒は好きですが私は利き酒師ではありません。
美味い酒と不味い酒は口に入れればわかります(笑)

しかし、産地などはわかりません。
ただ、なるべく、醸造用糖類の入った酒は飲まないことにしています。

5. Re:無題

>Moon.さん

ものづくりは心からということですね。

6. Re:多謝。

>東  斎さん

親日派の潰される国で勇気のある発言です。

歴史を歪曲すればするほど民度が問われますね。

7. 酒の味がよくわかってません(笑)

日本酒かとおもいきや、やはりワインのことも!

現場が一番だと思うのはこういう職業なのかも

技術者として実習はないのでしょうか?
あればいいなぁ

8. きき酒師団体FBOについてです

はじめまして、こんにちは。
きき酒師に関するコメントを拝見することができましたので、この場をお借りしてコメントさせていただきます。何卒ご了承願います。
コメントさせていただくことに至ったのは、先日不意をつかれたかのように、FBOという団体から「年会費14,250円指定された口座から引きおとさせていただきました。」との封書が届き唖然としてしまいました。現在きき酒師だけでも1万人いるということなので、黙っていても1億円以上のお金が自動的に入ってくるということなので、おいしい商売とも思った次第です。
普通クレジットカードの年会費でも千円~2千円程度ではと思いますが・・・、まそうは言っても規模が違いますが・・・。資格を取った際の10万円近い認定料やら、NPO法人を名乗っているからには、このようなあこぎなことはやめてほしいと思います。昨今では酒類業界の方々もこのようなことが馬鹿馬鹿しくなり独自で学んでいるような話も聞きますし、きき酒師を持っていても何の役にも立たないということが業界にも蔓延している感じがあります。ま、私もきき酒師を持っていると言って、ばかにされましたから・・・。
せっかく素晴しい教材を出しているにも関わらず、商売的なことをやっていることに憤りを感じる次第です。実際、毎年のように自動的に徴収されている1億円近い年会費はどこにいっているのでしょうね。まさかその団体の方々の懐にどっさりと入っているでは?ま、それは冗談として。
少々長くはなりましたが、勝手ではありますが、この場をお借りしてコメントできたことをうれしく思います。1人でも私のコメントに共感していただける人がいらっしゃれば幸いです。

9. Re:酒の味がよくわかってません(笑)

>Franさん

コメントわせれていましたがね m(_ _)m

10. Re:きき酒師団体FBOについてです

>Y_Kさん

日本人は資格に弱いですね。
取っていて悪いと言うものではなさそうですが、年会費というのが疑惑ですね。

このコメントを記事にしましょうか。

11. Re:きき酒師団体FBOについてです

>Y_Kさん
さきほどのY_Kです。
先の私の説明を補足させていただきます。きき酒師合格・認定にあたり、クレジットカードの申し込み用紙または引き落とし口座の用紙が送られてきたと記憶しております。どちらかを選択するということではありますが、そこで何も考えず口座の用紙に銀行名や口座番号、銀行届印を押し返送してしまいました。ある意味それが踏み絵となり、逃げられない状況を作らせるという狙いではと後で感じた次第です。このようなことが疑惑?と感じる方々も多いような気がします。
そもそもNPO法人とは特定非営利活動団体ということを認識してもらいたいものです。金額どうこうより非営利団体である以上このようなあこぎなことはやめてもらいたいと思う次第です。

12. Re:Re:きき酒師団体FBOについてです

>Y_Kさん
私もきき酒師をもっていますが、合格しようとして日々勉強し合格することができました。試験前に講習会や受験料をあわせて5万円くらい払いましたが、そこまでは良しと思います。試験当日、合格までに2週間前後で通知すると言われましたが、3日後には通知が届き正直驚きました。当初より受験した人はすべて合格とし、認定料とか年会費という上納金を払えと言わんばかりではと感じました。業務上必要不可欠や自己啓発を利用し、商売しているような気がしてなりません。このようなことを思うのは、私だけではないような気がしますがいかがでしょうか・・・?
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。