QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈迦と思想家

ペタについては”ばてた愛犬”をどうぞ。


実りを得たいときには先ず穀物の種をまきます。仏教も同じです。仏教ではそれを「下種」と言います。


私が聞きかじりのお話をするのも「下種」であり、この稚拙なブログで仏教のお話をするのも何かの縁ですね。


この種は、現代流に言えば発芽率何%か分りませんが、種をまくという「因」がなければ、発芽という「果」はありません。故に仏教では大切なことです。



仏教が誕生した頃というのは、それまで大きな力を持っていたアーリヤ人とインド先住民族の混血が進んでいました。

また商工業の発達等によって価値観も多様化していました。そういった新しい時代の流れの中から、それまでの権威を認めない様々な思想家たちが誕生しました。

当時は、仏教もそのなかのひとつだったのです。

沙門果経(しゃもんかきょう)という仏典では、仏教以外の六人の思想家を、六師外道と呼んで紹介しています。

この「外道」という言葉は「道を外れた者」を意味し、見方によっては非常に失礼な表現なのですが、ここではひとまず「仏教以外の者」という風に考えておきましょう。


彼らの思想は、今日的な視点から、唯物論、決定論(もしくは運命論)、懐疑論、快楽主義、苦行主義、虚無主義などといったラベルを貼られています。


、現代的な意味とは多少中身を異にする場合もありますし、複数の考え方に跨るようなものもありますので、「~論」「~主義」という名前で一括りにすることはできません。



それでは、以下に彼ら六人の思想家の見解を見ていきましょう。

アジタという人は、地・水・火・風という4つの元素だけが人間を構成すると考えました。

そして、善業楽果(良いことをすれば、結果も良くなる)・悪業苦果(悪いことをすれば、結果も悪くなる)を否定し、死んだら無となるという説を唱えました。


パクダも似たような考え方ですが、要素の数を先ほどの4元素に苦・楽・霊魂を加えた7つとする点が異なります。

彼ら2人には、唯物論的な考え方が共通していると言えます。また、プーラナという人物も、善業楽果、悪業苦果を否定し、その見解は道徳否定論などと呼ばれています。


この道徳否定論的な側面は、先の2人にも共通していると言えるでしょう。


ゴーサーラという人は、生き物は先の4元素に虚空・苦・楽・霊魂・得・失・生・死を加えた12の要素から成ると考え、すべては運命によって決定されていると唱えました。


また、サンジャヤは、「来世があるかないか」などといった、明確な答えの出せない問題に対する判断中止を唱えました。

サンジャヤの説は、不可知論、もしくは懐疑論、ゴーサーラの説は、決定論、宿命論などと呼ばれていますが、ここにも道徳否定論の入り込む余地があります。


ニガンタ・ナータプッタは、物事に関する一面的な判断を禁じ、その説は多面主義(非極端説)、不定主義、相対主義などの様々な名前で呼ばれています。


彼は、現在も残っているジャイナ教の実質的な開祖でもあります。このジャイナ教については、時を改めて説明できればと考えています。


では、彼らの思想を大胆にまとめるとどうなるでしょうか? 人間はモノからできていて、死後は無になる唯物論、あるいは死後の存在があるかどうかは明確でない懐疑論、不可知論。

ということは、良いことをしても悪いことをしても来世にその報いはない道徳否定論、もしくは結果はすでに運命によって決まっている運命論、決定論。


だったら、何をやっても良いじゃないか。自分の好きなことだけをやって、楽しく生きようではないか(快楽主義)といったところでしょうか? 


現代でも同じですが、こういった発想というのは、当時のインドの人たちには大きな脅威だったと思われます。


しかし、道徳否定論、快楽主義などと言いながらも、世俗を離れた生活をしていたっぽいところが、何ともインドらしい。


続きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. どうもです(^^)♪ブログ見ました!

どもです(^^)ブログ楽しく拝見させて頂きました♪また、読ませて頂きます☆次回も楽しみにしています♪

2. Re:どうもです(^^)♪ブログ見ました!

>IT起業家サトの日常さん

またお越しください♪
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。