QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去記事より

ペタについては”ばてた愛犬”をご覧ください。


島根県の「竹島の日」条例案成立に伴ない韓国内で大騒ぎになった。 宣戦布告に近い敵対行為だという。 

韓国にとって漁業権を獲得できるかどうかが最大の関心事で、漁民にとっては死活問題だ、という。

竹島問題の韓国の勘違いは1952年、韓国大統領だった李承晩が朝鮮半島周辺200マイルの水域内の権利は韓国にあると、国際法を無視して勝手に宣言した、いわゆる李承晩ラインから始まる。  



この勝手宣言によって日本の漁船はこの水域内での操業が制限され、1965年の日韓漁業協定でこのラインが廃止されるまでの間に、韓国軍に拿捕された船の数が328隻、日本人抑留者数が3929人、銃撃された死傷者が44人という。

韓国の言い分は、竹島は李承晩ライン内であったので、韓国のものだと言う論拠で、それ以前の歴史問題は歪曲だらけで、信憑性のない物ばかりだ。


竹島を自国の領土だと主張する根拠は、こんな最近の出来事なのです。 日本の歴史資料では1656年に幕府が出した竹島への渡航許可が最初の正式資料。


2005年3月19日の読売新聞に韓国の慶尚南道の馬山市議会が6月19日を「対馬の日」と定める条例案が可決されたとある。 長崎県対馬に対する韓国の領有権を主張し世論を喚起するため、だという。


もともと根拠の無い論理が平然と正当化され、感情だけで世論が走る韓国の事だから、真剣に捉えるような次元の問題ではないが、馬鹿なこと言うものだ。


この狂気を放っておくと、次には九州は韓国の物だと言いかねない。 日本は本当に隣国に恵まれない国だと思う。


韓国は二次大戦の反省と謝罪に関して、ドイツを見習え、と言うが、ドイツの近隣にはこのような狂気の国が無いので謝罪も出来る。


韓国に対して、フランスを見習え、と言ったら程度が違いすぎて、酷かもしれないが・・・・。






一句じゃなく半島ジョークです。
何処の国にも当てはまるバージョンです。



日本人、韓国人、中国人が「誰が一番我慢強いか」で議論になり、誰もが自分だと主張して譲らなかった。

そこで、豚小屋に入り、その臭いをどれだけ我慢出来るかを競うことにした。


まず日本人が入ったが、5分で出てきてしまった。
「もうダメだ。」

次に中国人が入った。頑張ったが、10分で出てきてしまった。
「もうダメアル。」

最後に韓国人が入った。
我慢できずに豚が逃げてきた。


みなさんよい一日を♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. いつも勉強させて頂いております

はじめまして。
いつもペタを返して頂き感謝申し上げます。
ご事情、承知いたしました。今後とも拝読させて頂きますので 宜しくお願い致します。

さて、反韓感情が嵩じて様々な暴言も散見されます。心情は拝察致しますが、現状を憂う 善意のサイレント・マジョリティーの存在がいることも、頭
のどこかに置いて、冷静な論駁がかわされることを切に願っております。

光風霽月 拝

2. 初めまして。

勉強になりながら、最後にオチがあって笑わせて頂きました。

やっぱり朝鮮人は朝鮮人なんだと再認識です。

日本にとって一番関わってはいけない民族だった。

朝鮮人のルーツを知るべきだった(>_<)

3. こんにちは(^_^)

なかなかコメントは出来ていませんが
記事は読んでますよ
(^_^)

ペタは確かに
何かの宣伝の為だったり
返すのも大変な時もありますよね(>_<)

交流ある人達は皆さん
記事読んだよ~で
記事からペタして下さる方がほとんどなんですけど…

atyさんの記事は
ほとんどが興味深いもので
ためになる
と思う事もよくあります(^_^)

4. Re:いつも勉強させて頂いております

>光風霽月さん

ご指南ありがとうございます。

5. Re:初めまして。

>suisuiさん

解っていただきありがとうございます。

6. Re:こんにちは(^_^)

>あられちゃんさん


ありがとうございます。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。