QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国よオーストリアに学べ

日本はドイツに学べ! というなら、韓国こそオーストリアに学ぶべき。


台湾と朝鮮は、1945年までは「日本」だった。しかし、台湾に大日本帝国の責任はない。

何故か?
台湾は清から日本に割譲された土地であり、大日本帝国に参画した責任がないからだ。 しかし、朝鮮は1910年の併合条約で朝鮮王朝、朝鮮政府の意思に基づいて大日本帝国に参画した。

また台湾人は、参政権&被参政権を得ることも、日本軍の士官になる事も出来なかった。 ところが、朝鮮人は、日本に暮らしさえすれば参政権&被参政権を得ることができた。

その為、2回も代議士になった朴春琴(paku chungumu) や帝国議会の貴族院にいた朴泳孝(paku yonhyo)を初め、 戦争末期には、何と7人の朝鮮人が帝国議会の議席を得ていたのだ。

もちろん、参政権だけではない。

朝鮮人は、志願制が導入される以前から、士官学校に入学して、日本軍の士官になる事も許されていた。

朝鮮人将校で有名な人は、1980から85年まで駐日大使を務めた崔慶禄(che・gyonroku)がいる。

彼は、士官学校に合格したにも関わらず、戦場に行くことを望み、日本軍に志願した。 そして、第20師団参謀長・ono takeoに見込まれると、ニューギニア戦線で活躍し、少尉にまで昇格した。

さらに有名な朝鮮人将校といえば、洪思翊(hon sakui)がいる。 彼は日本陸軍の中将にまで上り詰めていた。


この通り、韓国は被害者ではなく日本の戦争に加担した加害者だった。 ところが、韓国は「朝鮮は植民地だった」と嘘をつき、責任逃れを続けている。
 

ドイツに併合されていたオーストリアは、加害者であることを認め、謝罪した。 しかもオーストリアは1938年から僅か6年の併合期間であり、ドイツの軍事侵攻による併合なのだ。
 
日韓併合のような、正式な手続きを踏んだものではない。
 
ところが、日本に正式な手続きを経て併合されていた韓国は、一度も謝罪していない。1ウォンも賠償していない。 
 
韓国は、歴史捏造によって、被害者を演じる卑怯者である。
 
※ナチスドイツと大日本帝国の罪科は異なる。
※ここで言いたいのは、韓国人は「被害者」の資格が無いという事。




因みに、中国に対する韓国の謝罪・賠償要求は

 

1992年の中韓国交樹立時、朝鮮戦争で中国人民解放軍が朝鮮半島を蹂躙したことに対して、中国政府が謝罪をするという情報が韓国外務省筋から流され、韓国マスコミが大騒ぎをしました。


しかし駐韓中国大使・張庭延はテレビで、そんなことはあるはずがないし、これからも絶対に遺憾の意を表明する必要はない。と一喝し、それ以来、韓国マスコミは、謝罪に関して一切報道しなくなりました。


中国は1950年の朝鮮戦争で韓国のほぼ全土を焼け野原にし、韓国軍約42万人、民間人106万余人を死に至らしめたあげく、南北分断を固定化させ、1千万人の離散家族が生じさせたという韓国近代の最大の悲劇をおこしている。


日本政府に対しては、韓国の政権が変わるたびに居丈高に朝鮮統治に対して謝罪要求をする一方、中国に対してのこの及び 腰は一体なんなのでしょうか。


この明白な二重基準の根底に潜むのが韓国の特異な歴史観であります。この点を知らずに、日本が心から謝らないから、いつまでも許してくれないのだ、などと考えているようでは、日韓のすれ違いがこれから先も続くだけでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

これまた酷い話ですね。

そうですよね。

朝鮮戦争の事はほったらかしで、

正式併合の文句を言う、

どうして国単位になると

「いい加減な事」を言うのでしょうか。

それより国内を安定せよ!

と、各国(日本を含む)に言いたいです。

2. Re:無題

>空想大好き天然親父さん

そのとおりです。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。