QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダイヤモンド】

見出しには 10 Most Famous Diamonds of the World とありました。


最も硬い天然の鉱石であり、宝飾品の象徴とも言える金剛石・ダイヤモンド。

大きなものはその希少性もあいまって、歴史上、多くの人々を魅了してきました。

特に有名と言われる10のダイヤモンドをご紹介します。



The Great Star of Africa
(偉大なアフリカの星)

史上最大と言われるカリナン原石は、1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見され、サイズはなんと3106カラット(621.2g)もありました。

贈呈された時のイギリス国王、エドワード7世がカットを命じ、9個に分けられました。その内最大のものがカリナンI世。

ちなみに原石をカットした技師は、極度の緊張のあまり失神したそうです。
ロンドン塔で永久展示されています。サイズは530.20カラット。


koh-l-Noor
コ・イ・ヌール
 
1304年にインドで発見され、王家に引き継がれてきたコ・イ・ヌール。かつては世界最大のダイヤモンドでした。サイズは105カラット(21.6g)。ロンドン塔に展示。




The Excelsior
エクセルシオール

1893年にアフリカの鉱山で発見。原石のサイズは971カラットあり、10個のカットダイヤに分けられました。最大のエクセルシオール1世は158カラット。



The Great Mogul
グレート・ムガル

1650年頃にインド発見され、原石の大きさは787カラットあったといいます。エクセルシオールが発見されるまでは世界最大の原石でした。卵を半分にした形と言われますが、発見後すぐに行方不明となり、現在にいたっているそうです。



The Idol’s Eye
(アイドルの目)

卵サイズのこの平たい梨の形のこのダイヤは70.20カラットあります。伝説によると、トルコのスルタン(君主)によって誘拐されたラシータ姫のために、カシミールの首長が支払った身代金と言い伝えられているようです。 



The Regent
リージェント
 
世界で最も美しいダイヤモンドのひとつと称されるリージェント。1701年にインドのパテール鉱山で発見され、原石のサイズは410カラット。

最大のカットダイヤは140カラットあり、ルイ15世の摂政(リージェント)であったオルレアン公が買い付けました。

皇帝ナポレオンの戴冠式のときには、剣の柄にはめ込まれてあったそうです。現在はルーブル美術館所蔵。



The Orloff
オルロフ

1774年にロシアの女帝エカチェリーナ2世に献上するためオルロフ伯が45万ドルで購入したと言われるオルロフ・ダイヤモンド。

卵を半分に切った形のカットダイヤモンドで、サイズは199.6カラットあるそうです。

その形状から行方不明となった、グレート・ムガルではないかとも言われています。



The Blue Hope
ホープ

ホープダイヤモンドは45.5カラットのブルーダイヤモンドで、原石(112カラット)は9世紀ごろにインドのデカン高原の農夫が発見しました。

所有者が次々と不幸にあったため、呪いのダイヤとも称されています。現在はワシントンのスミソニアン博物館に展示。



The Sancy
サンシー

もっとも有名なイエローダイヤモンド。インドで発見されたといわれ、1500年代にはコンスタンチノープルのサンシー"Sancy"が所有していたため、この名前が付けられています。

やがてフランス王からイギリス王、そしてアメリカにも渡りましたが、現在はルーブル美術館が所蔵しています。



Taylor-Burton
テイラー・バートン

リチャード・バートンが当時妻であったエリザベス・テイラーの40歳の誕生日を記念して贈ったのが、このテイラー・バートン。サイズは69.42カラット(13.9g)

二人の愛のあかしでしたが、その後二人が離婚してしまったため競売にかけられ、テキサスの石油王が300万ドルで落札しています。

また、エリザベステイラーの所有時に欠けてしまったため、当初の品質では無いそうです。

以上、有名なダイヤモンドだそうです。
名前を知っていたのはThe Great Star of Africa(偉大なアフリカの星)


我が家では漬物石として重宝してます♪


女性にはたまらない魅力なんでしょうな ぷ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。