QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウムの大量摂取と心臓発作、腎臓結石の関係

多くの人は十分なカルシウムを摂取していないものの、新しい研究は、一部の人々はその逆で、カルシウムを取りすぎている可能性があると警告している。

米国人は骨粗しょう症にならないようにと、年に10億ドル(795億円)以上もカルシウムのサプリメントに費やしている。しかし、最近の研究ではこのサプリメントは心臓発作と腎臓結石の高いリスクと関係があると指摘されている。

米国予防医学作業部会(USPSTF)は6月、有益性の十分な証拠はないとして、カルシウムとビタミンDの摂取を勧めない勧告草案を発表した。

強い骨を維持するためにミルクを飲むように言われて育ってきた米国の人たちは、この報告に戸惑っている。カルシウムは結局のところそれほど重要ではないのか、サプリメントは安全ではないのか、どの程度が多すぎるという量なのか、という疑問だ。

コロンビア大学医療センターのトニー・スタバイル骨粗しょう症センターのディレクター、エセル・シリス博士は「状況は混乱しているようだが、混乱する必要はない」という。同博士らは、心臓発作や腎臓結石との関係はカルシウム・サプリメントに関連したもので、食物から摂取されるカルシウムは別だとしている

他の多くの研究で食物から摂取したカルシウムによる健康上のリスクは発見されておらず、どの程度の摂取なら有害になる可能性があるのかを見極めるにはもっと研究する必要があるという。

一方で、カルシウムは体内で作られないとし、米国では十分なカルシウムを摂取していない人が多すぎることの方が心配だとする専門家もいる。

シリス博士は「毎日口から十分なカルシウムを取らないと、体は自分の骨からこれを摂取することになり、これは生涯にわたり続く。

だから十分に摂取することが必要なのだ」とし、「骨量が少なくなり、骨折のリスクが出てくると、体は骨からのカルシウム摂取を最低限に抑えようとする」と話した。

私もカルシューム不足だと感じており、摂取をしているがサプリメントではなく牛乳を毎日飲むことにしている。


迷うね。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。