QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後に並んで

デーブが外で落ち葉を掃いていると、霊柩車がゆっくりと通りかかった。

その霊柩車の後ろには2台目の霊柩車が続き、

その後ろには重々しい顔つきの男が続き、

その後ろには1匹の犬と200人ばかりの男たちが1列になって続いていた。

デーブは2台目の霊柩車の後ろを歩いていた男のところへ行き

1台目の霊柩車には誰が乗せられているのか尋ねる。


「私の妻なんです」と男が答える。


それはお気の毒に。

奥さんはどうなさったのですか?とデーブ。


私の犬が噛みついて、それで死んでしまったんです。
 

次にデーブは、2台目の霊柩車に誰が乗せられているのかを尋ねる。

義理の母なんです。

犬が噛みついてしまって、お母さんもそれで亡くなったんです。






その犬を貸してもらえないかい?

「列の後ろに並んでくれ」



おしまい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。