QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココだけの話(男性編)

アダムとイブ(男性編)

ある日、永遠に続くと言われるエデンの園で、アダムが神様に訴えでました。

神様、悩みがあるのです。

いったいそれは何かね、アダム。

と神様はやさしく尋ねました。

アダムは答えました。

神様、私をお創りになり、このすばらしい動物たちに囲まれた美しいエデンの園を与えてくださったことはよく理解しています。

しかしながら私はちっとも幸せじゃないのです。
それはなぜなのかね、アダム。

神様の声が天から響きました。

神様、この素晴らしいごちそうや、美しい動物たちのいるこの場所を私のためにあてがっていただきましたが、私は孤独なのです。

そうかそうか、アダム、それならすばらしい解決策がある。
お前に『女』と言うものを創ってやろう。
『女』ですか?それはいったい何ですか?」

神様の声が答えました。

この『女』と言うのは、知性豊かで、繊細で思いやりがあり、今までに創った中で最も美しい創造物じゃよ。

その知性の豊かさはお前の欲するものを即座に理解でき、その繊細さや思いやりは、お前の機嫌をおもんばかり幸せにしてくれるのだ。

そしてその美しさは天国と地上のすべてのものに勝るのじゃよ。
いわゆるお前のニーズや期待をすべて満たす最高のパートナーとなることであろう。

「申し分ないように思えます」

ただし、それなりの代償を払ってもらわなくちゃいかん。

この『女』と言うものに、どんな代償が必要なのでしょうか。

「お前の右腕、右足、片目、片耳が犠牲になる」

これにはアダムもしばらく考え込んでしまいました。
かなり長い間深く考えた末、彼は言いました。

う~~む、では肋骨一本の犠牲ならどうなりますか?







どうなったかと言うのは、現在の男性がよく知るところであります…。



http://www.laughitout.com/2009/09/garden-of-eden-his-version.html



本題から少しずれますが、この話より後世の人が勝手に創りあげた世界三大美女
”クレオパトラ”  ”楊貴妃”  ”小野小町” 。

ご存知の様にそれぞれの逸話が実しやかに残っています。

ご当地?なのでしょうか(我田引水???)
小野小町のお墓があり神社がありというatyの近隣ではあります。

この小町さん なぜ有名で世界の三大美女にまで祭り上げられたか・・・。

講釈師 見てきた様な嘘をいい ← この言葉が全てを物語っているとは思いませんか。

彼女は、世の男性が食らいつきそうな話題

容姿器量もさることながら、世の男性があこがれる

”キョウチツ” 「狭膣」という噂があったためと思われます。

小野小町が出産したというハナシは聞いていませんので、処女であったのだろうか

男を拒み続けていたため、”膣”がない(男)と噂されたのだろうか謎ではあります。


推測の域を脱していませんが、クレオパトラも楊貴妃も似たり寄ったり、50歩100歩ではないでしょうか。


美女には縁のないatyの戯言



おしまい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。