QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火葬場が火事に



オーストリアの火葬場で火事が起こり全焼しました。

これだけでも注目に値するニュースですが、火災の原因も一風変わったものでした。








火事になったのは南オーストリアの火葬場で、何層にも厚い断熱材の壁で覆われていたことから、消防士らによる消火作業も困難を極めました。

火災が発生した当時、体重が200kgもある女性を火葬していたことが後の調査で判明しています。巨体ゆえに脂肪が空気孔を塞いでしまったことが熱暴走を招いたとみられています。

ドイツやスイスでも、肥満の遺体を火葬中に似たようなトラブルの記録があることから、肥満の人専用の火葬場が必要であると消防局は述べています。

ちなみにスイスでは、現在XXLサイズの火葬場が特別に作られたとのこと。

先進国で肥満が社会問題化していますが、その影響は火葬場まで及んでいるようです。

http://arbroath.blogspot.co.uk/2012/06/obese-womans-body-fat-burns-down.html



おしまい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

何でしょうこの火事!

社会風刺のような事件ですね。

日本もその内特別な火葬場が必要になるかも?

2. Re:無題

>空想大好き天然親父さん

遺体は肥満でなくても火葬の熱で内部膨張が起き、遺体が起き上がる様な感じになります。

目視したことがあります。

動物の遺体は脂肪が多いほど燃えにくくなります。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。