QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実

 従軍慰安婦の真実

従軍慰安婦
の証拠を検証します。 (図解入り)



上の写真の左側の垂れ幕に「身も心も捧ぐ大和撫子のサーヴィス」と書かれていますが、当時、慰安婦の半数以上は韓国人(朝鮮人)女性。




慰安婦の写真




笑顔を見せている右端の女性は、歴史教科書では必ずカットされて掲載される。





従軍慰安婦と聞くと「かわいそうな人たち」をイメージする方も多いようですが

戦争中は慰安行為(売春)によって収入を得る女性が多く存在しました。

通称「慰安婦」と呼ばれる人たちです。


慰安婦の中には親に売られてしまった人や借金を背負っていた人もいました。


本人が望まずにそのような仕事についた人達は現在、日本に謝罪と賠償を求めています。


さらに言えば、問題にされているのが軍による強制が本当にあったのか?の点です。


なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが分かっているからです。



戦地従軍慰安婦の写真


日本兵のあとから河を渡る(韓国人)慰安婦の写真

※戦地に従軍する慰安婦は危険が伴うため収入は割高






「従軍○○」とは軍に同行する人を指します。

従軍記者、従軍カメラマン、従軍看護師などは存在が確認されています。

上の写真のような「従軍(追軍)慰安婦」はいくらでもいましたが強制によるもの?がいたかどうかは証言以外に証拠がありません。

(当時は、慰安婦を公募集すればいくらでも女性が集まる時代です)




慰安婦大募集

新聞「京城日報(キョンソンイルボ)







自称従軍慰安婦の証言


慰安婦問題の、有力な証言者として積極的に公演を行っているのが「黄錦周」「李容洙」さんの2人

 


以下はすべて、従軍慰安婦として有名な「黄錦周」(ファン・クムジュ)さん1人による証言です。


(1)従軍慰安婦と戦後補償 / 著者:高木健一

「生活は貧しく、12歳のときに100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。

1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され従軍慰安婦となった」


(2)国連・経済社会理事会クマラスワミ報告 / 1996年1月4日

「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました。」

 

(3)日本TV企業"TBS"「ここが変だよ日本人」というTV番組より(従軍慰安婦問題)

「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ」


(4)「日韓社会科教育交流団韓国を訪問/1997夏期

「満18歳になったある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました。」



(5)旧日本軍「従軍慰安婦」の証言を聞く集会 / 1997年12月5日

『村の班長(日本人)に「一家に一人は行かなくては」と脅され、1941年、韓国を離れましたが、到着した場所は、慰安所でした。』


(6)黄錦周さんの証言を聞く会 / 2001.07.17 / 東京大学にて

「14歳のとき、いわゆる「少女出」で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった。」
 

 


公演するたびに、証言が変わるのが特徴

しかし彼女は、日本軍に従軍慰安婦を強制された有力な証言者とされており歴史学者達に長い間引用されてきた。



「文玉珠さん」という(自称)従軍慰安婦女性は、平成4年に日本の郵便局を訪れ、2万6145円(当時の金額)の預金返還の訴訟を起こしています。


千円もあれば故郷の大邱に小さな家が一軒買えると体験記で述べていますが、現在の価値なら、4000万~5000万円程度の金額を、彼女が慰安婦であった約3年間で貯めていたことが分かります。



慰安婦であった期間に文原玉珠名義で、合計12回の振込み(計26,145円)を行っていますが、当時、家が20~30件買えるほどの大金










ナヌムの家に住む(自称)従軍慰安婦 「李容珠(イ・ヨンス)さん」の証言

1944年、16歳の時に強制連行され台湾へ。
旧日本軍の従軍慰安婦としての生活を3年間強制された。(1947年まで)

(※終戦により日本軍がいなくなった後も、現地で2年間ほど働いていたことになる)


このことを指摘され、従軍慰安婦の期間を 3年間→1年間に修正
2007年さいたま浦和の公演の配布資料









チョン・ソウンさん

証言内容

「13歳(1937年)の時にインドネシアに強制連行され、従軍慰安婦として
7年間(~1946年まで)性奴隷にされた。」


2004年他界。享年80歳

(日本のインドネシア攻略は1941年。それ以前はオランダの植民地です)









「櫻井よしこ」氏による従軍慰安婦問題の説明

女性を騙そうとするブローカーを取り締まるため、朝鮮総督府は「警察官」を増員



 


朝鮮人の人身売買組織が、誘拐した少女を中国人に売り飛ばしていた為、日本政府によって検挙されたことを報じる記事

1933年6月30日付 東亜日報


※慰安婦を「強制連行」していたのは朝鮮人の業者、それを取り締まっていた日本政府






韓国政府の従軍慰安婦公式サイト(削除済)に掲載されていた資料。以下

韓国政府が、従軍慰安婦に関する重要な証拠写真として公開していたもの。→ 都合が悪くなり閉鎖



 慰安婦 至急大募集 (今井紹介所)

"京城日報"
1944年7月26日広告








 

「軍」 慰安婦急募 (許氏)

朝鮮総督府機関紙"毎日日報"
1944年10月27日広告




(写真説明)(募集)

”慰安婦 至急 大募集
給料は月収最低300円、3000円まで前借可能”(原文のママ)

 (三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代です)

月収300円とは当時の激しい労働をしていた男性でも稼げない金額です。
 

女性の工場労働者が月収20~50円くらいしか稼ぐことが出来ない時代に、学歴の無い女性が「京城紡績」で働き始めても、馴れるまでは月収20円以上は稼げませんでした。

 

募集の広告には「売春」とは書いてありませんが、

異常に高い給料で「慰安」といえば普通の仕事ではありません。


現代の社会でも直接的な表現はしませんが、

普通の女性が、高給で接待して稼げるのは特殊な職業 (売春)だと解る筈です。

 

※結論 慰安婦を強制連行したのは「朝鮮人の業者」。



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。