QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦礫受け入れ状況

 


・大阪府 震災がれき受け入れ、橋下氏「○」平松氏「×」11/23
大阪府(資源循環課06-6210-9566)は府としては基本的にがれきを受け入れる方向性を打ち出しており、どのように安全性を確保するかを検討している最中。11/3


・首相、各知事にがれき受け入れ求める 11/21


・富山県 富山市 森市長「脱塩処理ならがれき受け入れたい」 11/21


・東京都 宮城県女川のがれきも受け入れるつもりらしい 11/16 東京の知事は殺到する都民の苦情に「黙れ」と 都民どうする?11/4


・新潟県 長岡市の森市長ほか、三条市、柏崎市も受け入れを検討 11/14 新潟市長、がれき受け入れを検討 11/10


・北海道 11団体が条件付で受け入れる意向。個別の市町村名は非公表。11/11 高橋知事は受け入れ方針11/4


・神奈川県 黒岩知事が慎重姿勢 11/9 政令指定の横浜、川崎、相模原3市は「受け入れに向け検討中」11/9


・静岡県受け入れ表明 川勝知事 11/10 受け入れを検討中だった袋井市、富士市、下田市、島田市のうち、下田市が受け入れ方針を固める、新たに静岡市、西伊豆町も受け入れ姿勢 11/9  富士市、下田市、島田市が「安全が確認されれば」と条件をつけながらも、川勝知事の要請に応じて新たに受け入れを表明している。一方で、先ごろ受け入れに 前向きな発言をしていた袋井市の原田英之市長は「議会の承認も必要で、手続きをきちんとしなくてはいけない」と消極姿勢に転じており、情勢は流動的。こう した変化には市民の抗議なども一定の成果を上げていると考えられる。11/3


・三重県は、先に全県で受け入れ「不可」か「困難」と発表していましたが、松坂市が受け入れ姿勢に転じました。山中市長「日本中が放射能に繊細になりすぎている。松阪市が他の自治体の痛みを共有できるということを打ち出したい」11/9


・埼玉県では全63市町村と20のごみ処理組合が、環境省に対し、「受け入れは困難」と10月に回答していたことがわかった。上田知事は、がれき処理に責任を持つ国の情報提供と世論形成が不十分だと強調。「住民の反発が強い中で説得しても、理解が得られない」と述べた。11/8


・広島県の情報がない。それもそのはずで、nanohanaの取材に対し、すでに県内の全自治体の回答をとりまとめ環境省に報告済みとしながら、環境省に倣ってその情報は公開しないと回答。堂々と情報公開しないと言ってのけたのは今のところ広島県だけ。受け入れについても極めてあやしい!近隣の方は要注意です。(環境部循環型社会課 082-513-2957)11/7


・九州で受入れ可能と伝えられていた3団体、福岡県北九州市、長崎県の長崎南広域環境連合(諫早、島原、雲仙南島原)と東彼地区保健福祉組合はいずれも受け入れるとは解答していない。九州で受け入れる自治体はゼロに。10/24


・山口、県内全自治体 受入れ可能性なし10/22


・群馬県内で唯一受入れを検討していた前橋市が受入れ断念。群馬全県で受入れ自治体はゼロに。
11/5


・京都 先に朝日新聞で受け入れと報じられた京都府の相楽東部広域連合は、その後nanohanaの取材に対し、「安全性が確認できれば受け入れると答えたが、現状では安全であるとは考えていないので受け入れることはない」と応じている。11/3

あきらめずに声を上げて行きましょう!

取材では、高知県(環境対策課)・徳島県(環境整備課)・愛知県(環境部)は受け入れ自治体は無いと解答。愛知は”今のところ”を強調してましたが・・・

北海道(循環型社会推進課)はあいまいな解答に終始しており不安が残ります。受け入れを表明している自治体があるか?という質問に対し、現在取りまとめ中なので解答できないとの事、その際、環境省も個別の自治体を発表しない方針であると付け加えてましたので、情報公開しないことにしている可能性も。


大阪府(資源循環課06-6210-9566)は府としては基本的にがれきを受け入れる方向性を打ち出しており、どのように安全性を確保するかを検討している最中との回答でした。他の県と違い、まず府として「ドカンと受け入れて、各自治体に何ぼお願いできますの」と割り振ってゆく方針だそうです。

年内には府としての方針を決めてゆきたいという目標で作業中との事。今日もそのための会議があるそうで、抗議の声を届けるなら今!という感じです。11/3


全国でもっとも強硬な姿勢の東京都。多くの都民・国民の声を無視して、放射能がれきの受け入れ第一便が11月3日到着した。


追記:その後受け入れに対する姿勢がわかった自治体を順次追加しています。


・受け入れ拒否および現状では受け入れ予定なしの自治体:
九州全域:宮崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・佐賀県・福岡県・長崎県、
四国全域:香川県・愛媛県・高知県・徳島、
山口県・兵庫県・京都府・滋賀県・岐阜県・愛知県・埼玉県・石川県・群馬県・秋田県


・情報公開を拒否している自治体:広島県(環境部循環型社会課 082-513-2957) 北海道


・どうしても受け入れたい自治体・知事:
北海道高橋はるみ知事(道政相談窓口 011-204-5022)
大阪府 資源循環課 06-6210-9566


・「受け入れに向け検討中」の自治体:神奈川県の横浜市・川崎市・相模原市、静岡県は下田市が受け入れ方針。袋井市、富士市、島田市、静岡市、西伊豆町は”前向きに”検討中、三重県松坂市、新潟県新潟市・長岡市・三条市・柏崎市、北海道(循環型社会推進課)(011)204-5196 11の自治体(非公表!)、富山県富山市


・受け入れ表明した県:静岡県 知事 静岡県川勝平太(ご意見フォームhttps://www.pref.shizuoka.jp/governor/mailbox.html

・すでに受け入れている県:宮城県 日本製紙石巻工場・山形県・東京都(東京都環境局03-5388-3436)・青森県 (八戸市は地元セメント工場で宮城県内で冠水した政府備蓄米を焼却処分する。三戸町は民間処分場に宮城県南三陸町のがれきを一部受け入れている。そのほか2自治体で受入れ予定)


http://ameblo.jp/itumokimamani/entry-11184555824.html  ← 中にはこんな馬鹿もいるから大変なんだよね。日教組の組織か、洗脳教育を受けた人間なんだろうけど(人間と言うと人間に失礼か)私は、左の暴力団と呼んでいるが。


療養中につき、お手柔らかなコメントをお願いします(*´艸`)オテヤワラカニ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

お久しぶりです(^-^)

私は受け入れ、できればうちの県でもしてあげてほしいけど、放射能が怖いから大々的に賛成できないなって思う一庶民です。

ほとんど影響はないんでしょうけどね。


国の情報を信じきれないから、闇に紛れてよからぬものも混ぜちまってるかもって思っちゃうんですよ。

信頼回復はみこめないなぁ。。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。