QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインドウズ98

ビル・ゲイツは、ある日、自動車事故で死に、天国の門のところに行った。神は、ええと、困ったなあ。わたしは君を天国に送ったものか、地獄に行ってもらうか迷っているんだよ。

君は、世界中の家庭にコンピュータを普及させて世の中に大いに貢献したわけだが、あのなんとも忌まわしいウィンドウズ98の作者でもある。

そこで、今までこんなことをしたことがなかったのだが、君のケースでは、君自身に行き先を決めてもよいことにした。

 ビルはそれに答えて
神様、感謝します。ところで、天国と地獄の違いはなんでしょうか。
それぞれに仮に行ってみて、その後に決めるということでどうかな。
分かりました。

ところで、まずどちらにいったらよいでしょうか
それは君に任すよ
OK。ではまず地獄に行ってみます、と、ビルは地獄へ行った。

そこは、澄んだ水が静かにうち寄せる美しい砂浜だった。そして、たくさんの美女たちが、笑いながら遊び戯れていた。

太陽が輝き、過ごしやすい快適さだった。ビルはすっかり気に入った。
実に素晴らしい。

もしここが地獄ならば、天国も是非見てみたいのですが、と神にいった。

「よろしい」
 
そこで彼らは天国に行った。
天国は、はるか雲の高みにあり、天使たちがハープを弾きならしながら歌を歌いつつ浮遊していた。

そこは素敵な場所ではあったが、地獄ほどワクワクするようなところではなかった。

ビルは、一瞬、考えた後、決心がついた。

ええと、わたしは地獄へ行こうと思います。

「よろしい、君の好きにしたらよい」

ということで、ビルは地獄へ行った。

2週間後、神は、あの億万長者が地獄でどう過ごしているのか見に行くことに決めた。

神が地獄を訪れると、壁に足かせでつながれたビルが、暗い洞窟のなかで炎に焼かれて叫んでいた。

彼は、悪魔たちに火あぶりにされ、拷問を受けていたのだ。
「ビル、どうかねここの様子は」神がこう尋ねた。


ここは、期待していたところと違って、とんでもなく、ひどいところですよ。こんなひどい話は信じられない。

澄んだ水の砂浜、や美女たちが水に戯れていた、あの場所はどうなったのですか。


「ああ、あれか。あれはスクリーン・セーバーだよ」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。