QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。


人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。
彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。


また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

atyの徒然ブログ














1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 


2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。



3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 


4. 「友人関係を続けていれば良かった
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 


5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。
旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 


以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。


参照記事:
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/feb/01/top-five-regrets-of-the-dying




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

どれもが
いま私がしていきたいと思える内容でした;

あるきっかけから
数年前からそうして生きて行きたいと気づきました。
死ぬときに後悔をすることが少ないように
やりたいことはやって思いは出していこうと。

震災後にそう思った人もいるように思います。

2. 無題

>Moon.さん


せっかくこの世に生を受け、後悔して終わりたいとは思いませんけれども


しかし、必ず後悔する生き方をするのが人の常なんですね。


私など、後悔の塊みたいなものです。

3. 勉強になりました。

ひとつひとつがしみじみと沁みます。
教えていただきましてありがとうございます。

4. Re:勉強になりました。

>Rayさん

避けて通れない人生最後の関門・・・

心したいですね。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。