QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめの体質

いじめと言う問題が学校で起こり、問題になっている。 いじめは日本人特有の潜在差別化の行動のようで、何も子供に限った事ではなさそうだ。 

自分たちと価値観が同等、もしくはそれに近くない物は排除しようとする特異な性格を持っているのが、いじめをする人の体質だと思う。


古くは江戸時代から行われている習慣で村八分と言うのがその典型です。 基本的には仲間はずれにする事で、村のきまりを守らない、村の秩序を破った、うえで決めた事に従順ではない等々でその本人や家族に対し、村全体で申し合わせて絶交する事。  そしてこれは公認の習慣でもあった。


現代社会では大人の職場でも同じような事が起こっていますよね。 一時期言われた窓際族などがそれにあたり、会社内で嫌われたり、役に立たないと思われたりと事情はいろいろあるのだろうが、村八分同様に隔離してしまう。 


そしてその本人の仕事を奪い、何もさせずに勤務時間内はきまったデスクに座らしておく、と言う陰湿ないじめ行為だ。


仕事が出来すぎるためにいじめにあう事もある。 

ある支店の支店長は短期間でめざましい発展を遂げ、売り上げが急激に伸びたが、他の支店長達が自分達の身を守るために、しめし合わせて、その優秀な支店長を僻地の支店に飛ばしてしまった。


 日本ではこのような事を『出る釘は打たれる』と言います。



いじめというのは、自分と違う他人の存在を受け入れることができない、と言う事が原因なのだが、人間の多様性を認められない排他的な行動とも言えます。 


日本人の陰湿な性格に起因するいじめ問題の根本的な解決などは無いが、世の中が多様化する中で、個人主義を尊重すると言う基本的なことから始めなければならない。


日本では個人主義は自分勝手と理解され、個人の価値を認めない風習がある。 多数の意見と違う人に対しては変人、異人、奇人とされ、差別するだけではなく制裁まで加えると言う特異な性格をほとんどの日本人が持っている。これ、言い過ぎ? 



また、議論を嫌い、根回しと言う表現で表される決定方法は、少人数で決めた事柄を多数に押し付けるという変則的な方法を好む。


何でも法律の日本では教育基本法の見直しでいじめ問題を解決しようとしているが、そんな事で解決できる問題ではない。 日本社会全体で取り組まなくてはならない大きな課題なのですよ。 


古くからある日本独自の差別は、部落民の問題でしょ。 同和などと、言い方は変えてもこの差別は根強い。部落民とは江戸時代の階級で士農工商や坊主、神職などに属さない下部の民の総称で、穢多(えた)、非人と呼ばれ、人間扱いされなかった。 


動物と同じ、という意味合いから、”四つ”とも言われる。 1871年に明治政府により、平民同様との布告、解放令が発令され、以前の賤民階層が廃止されたが、差別は現代に至るまで根深く存続しているのも事実。


つい最近まで部落出身者は上場企業に就職することは出来なかった。 隠していても、それが分かった時点で差別され、クビになったりしていた。 


逆に最近は同和がそれを逆手にとって、たいした差別でもないのに差別だと言って騒ぎ立てる事態も起こっている。 日本にとって困った差別問題です。


さらに陰湿なのが障害者に対するいじめでしょ。 そしてこれは日本社会全体でのいじめです。 街自体が健康な人のために作られており、体が不自由な人が街の散策など出来ないように作られている。都会で障害者に出会うのが珍しい国は日本くらいだと思う。


知的障害のある子供を家に閉じ込める親は、他の兄弟がいじめにあわないようにするため、やむを得ずしている。 そこまでしなくてはならないのは異常ですよ。 


なぜもっと人間として扱えないか不思議でならない。 これは教育以前の問題で、まさにモラルの低下と言える。


尽きるところ、日本は差別大国で、アメリカの黒人差別を批判する資格など全く無い。




村八分の意味

江戸時代から行われた悪しき習慣の事で、村八分の「八分」とは、冠(祝い事)、婚礼、出産、病気、建築、水害、年忌、旅行の事で、これらには参加させない。 後の2分は葬式と火事の場合でそれ以外は、付き合わないという意味からとされる。



追記 いじめられてる君たちへ

日本だけでなく、いつの時代でも、どんな所でもいじめはあります。 自殺したくなるような事もあるかもしれません。 最近のいじめは過去に例のないほど陰湿なのかもしれません。 


大人の目の届かない場所での陰湿ないじめが横行しています。 耐えられないと思ったら、家にこもって学校には行かない、親に説明して助けてもらう、先生に話す、教育委員会に直接訴えると言う解決方法があります


まず最初に自分を強くし、自分は決して悪い事はしていないと確信して下さい。 自分に自信を持って生きていく事を誓ってください。 死ぬ事を覚悟するくらいなら出来るはずです。 いじめる側が悪いのであって、あなたはその被害者なのです。 


いじめは卑劣で陰湿な行為です。 あなたは絶対に死を選んではいけません。 死ぬ事はあなたの敗北です。 絶対に死ぬものか、と繰り返し自分に言い聞かせて下さい






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 私も

いじめられていた立場でした。障害者の妹もいます。部落出身の友達もいました。陰湿な差別には敏感です。それだけに記事の最後のお言葉は身にしみるものがあります。
つよくなるしかないのですね。
ありがとうございます。
atyさまも、お体大切に。

2. Re:私も

>毎朝小説更新 主婦作家 紗都子さん


縁あって紗都子さんの小説を読ませていただく機会に恵まれて光栄です。

そのとき先ずびっくりしたのが紗都子さん
の経歴でした。小説を読む前にです(笑)

持病と同列に扱ってはいけないのでしょうが、虐めに負けてしまっては(このやろう、今に見ておれ負けてたまるか)再起は覚束ない気がします。

机上の傍目八目かも知れませんが。

3. 陰湿

アテクシは幸い、小、中、高校とすべていじめを受ける事なく過ごしてきました。そんなアテクシが社会人になって上司からパワハラを初めて受けた時、その怒りを自分の資格取得への原動力へ換えて昇華させました。上司に負けていたら今のアテクシはいません。毎日原因不明の腹痛に悩まされ、あの地獄の毎日を思うとよく鬱病にならなかったものだと思います。
ほんとにいじめに遭ってる方々は負けないで屈しないで強く自分をもってほしいです。

4. Re:陰湿

>すみれさん

いじめを受ける人には、似通った点があります。

克服するのは容易ではありませんが、先ず、本人が強くなること。 周りの社会がみて見ぬ振りをしないこと。

小さな予兆を見逃さない・・・難しいかな
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。