QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王室と皇室

皇室を語るときに、ヨーロッパの王室と対比される。 開放的な王室と閉鎖的な皇室と言うように比較されるのだが、王室と皇室は全く別次元の家系で、それが日本人には理解できていないようです。



皇室は日本人の血のルーツであり、古代から血統を守ってきた家系であって、いわば純粋な日本人と言う意味で存在している。 この血統、血を守ると言う考え方は、江戸時代に確立されたものですが現在も残っている家元制度などで見ることが出来ます。



血統を守ると言う原点が天皇家であり、その血統的系譜と言うのは日本人の思考の原点となっている。江戸時代では殿様の息子は殿様になり、家老の息子が家老になるのは当然の事、として確立されていた。 そのようにしてそれぞれの家系を存続させてきたわけです。




現代でも人気のある水戸黄門は、何らかの実力があったのではなく、これを見ろ、と徳川家の紋章、三つ葉葵の印籠を差し出すことで、皆がひれ伏した。 ドラマの中とは言え、その時代をよく反映していて面白い。 また、日本人はこのような実力者を尊敬する傾向があります。




日本人の持つ尊血主義は外国に例は少なく理解されない。 市川団十郎は誰もがなれるのではなく、歌舞伎界の実力とは無縁のものであります。 茶道の裏千家の宗匠になるには千家の息子として生まれるしかなく、他に適している人がいても、尊血社会では受け入れられません。



そして、この尊血主義が最も簡単に家を存続させる方法なです。 家元が変わるたびに作法が変わるようでは、流派が分裂してしまい、長続きしないことは明白ですから。



徳川二百数十年の歴史ですっかり日本人に染み込んだ尊血主義は、現代でも役者の世界や歌手の世界にも定着している。 そして、政治の世界にも。・・・・これだけは勘弁して欲しいのだが(笑)



王室は血統などは全く無縁の系列で、歴史的に見ても戦う事によって勝ち取った地位です。 戦争で勝った王の息子や娘が王の死後その地位を継ぐことが有っても、長く続くことはありませんでした。


歴史を見れば分かるように、自分を守るため。血統などとはかけ離れた異国人との政略結婚の繰り返しでヨーロッパの王室は親戚状態です。



王室は王としての実権を執るため、または存続させるために、親子の間、兄弟間でも殺し、自らの力で勝ち取ったものなのです。 そして、反抗する者は容赦なく殺す事が、唯一無二自分の地位を守る法でもありました。



王室が開放的で奔放自由なのは、国民から尊敬される必要がないので当然と言えます。 王室は例えばイギリスのエリザベス女王は大農園などの大地主であり、ロンドン市内の一等地に広大な土地を所有し貸している。 その収入は莫大なもので、しかも無税です。



一時期、税金を課すべきと言う議論があったので、今現在も無税かどうかは分からないが、いずれにしてもその収入は莫大なものでありますね。 仮に、エリザベス女王が女王でなくなったとしても、その莫大な財産の所有者には違いない。



日本のマスコミは程度が低いので、このような単純明快な歴史も無視して皇族と王室を同列に並べて論ずることが多いが、全く別質なものを無理やり同列にして論ずるから突き詰めるほど矛盾が出てきくるのは当然です。



天皇家は、適しているから、ふさわしいからと言うような次元とは全く違う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 明治以降に導入された

もの(政治の制度や企業組織)には世襲制必要ないなあ、と記事を読みながら考えました。その点、ヤクザ組織って進歩的ですね。

2. Re:明治以降に導入された

>毎朝小説更新 主婦作家 紗都子さん


ヤクザ組織は進歩的といえばそうですが、次期ポストを狙って血の抗争がなければのはなし(笑)

3. こんにちは

皇室を敬うと直ぐに「右翼」扱いされるのは、戦後からですね。

GHQの左翼政策がそうさせました。

私も子供の頃兄から「天皇って大昔は喧嘩の強い者が

あのように権力を採り、権力を採るまでには多くの人間を

殺した筈だよ」と言っていたのを思い出します。

今思うとこれも、皇室を貶める左翼が蒔いた言い方を

信じたからだと思います。

4. Re:こんにちは

>匿名の手紙さん

所謂、骨抜き教育という奴ですね。

それにしても、調子にに乗ってるじゃありませんか日教組。
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。