QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険金は出ないのが普通 「極秘社内指令・・・」

末尾に画像案内あり
 

 


どうして損保はかくも出し渋りをするのか。その原因の大もとは、1998年の保険の自由化にあります。


保険というものは、めったに起きないが、万一起きたときの損害を補塡するために作られています。

被害者は事故で甚大な損害を被り、加害者は莫大な賠償金の負担を強いられます。保険会社はお客様(契約者)から少ない保険料を集め、お客様のうちの誰かが実際に事故の被害に遭ったなら、みんなから集めたお金を保険金として補償にあてるという仕組みで成り立っています。


お客様から集める保険料の料率が、かつては各社一律でした。料率とは、保険金額に対する保険料の割合をいいます。ところが、1998年から外資系損保が日本の自動車保険市場に参入してくることになり、それに伴って、料率が自由化されました。契約内容ごとに損保が自由に保険料を決められる仕組みに変わったのです。


お客様の中には若者もいれば中高年の方もいます。統計的には、一般に若者の方が中高年よりも
乱暴な運転をしがちで、事故も起こしやすいとされています。


地域によっても、事故発生率の高い地裁と低い地裁があります。損保各社はこのような条件を細分化して、事故を起こす確立の少ない人、少ない地域については、より低い保険料に改定しました。


契約者としても、事故など起きないかもしれないのですから、保険料は安いにこしたことはありません。そこで保険料の値下げ合戦が始まりました。保険料を値下げするということは、損保とっては、入ってくる保険料(保険料収入)が減ってしまうことを意味します。


少なくなった保険料収入の中でなんとか経営を維持していかなければなりません。となると、出す方向を絞らざるをえないのです。


特に自動車保険は、火災保険、海上保険など各種ある損保保険の中でも主力とされる重要なものです。

自動車に関する保険金の支払いをいかに削って利益を出すか。これが損保各社に共通した経営戦略の目標といえます。

 


「極秘社内指令」 <u>保険金は出すな</u>、<u>泣き寝入りさせろ!</u>これが入手した損保の裏事情。


『だまる被害者・うるさい被害者』

被害者には三つのタイプがいます。

1 
損保から支払いを拒まれたとき、どうせ保険はそういうものなんだと諦めて黙ってしまうタ  イプ

2 
ひどい、そんなばかなという思いから、弁護士に相談してみようとするタイプ


3 
激しい言葉で猛然と担当者に喰ってかかるタイプです。

 

1のタイプはお勧めできません。これでは泣き寝入りであり、損保の思うツボです。


2は賢明な行動です。


問題は3です。
損保の屁理屈で保険金の支払いを一方的に打ち切られたなら、誰だって怒鳴りつけたくなるでしょう。被害者の行動として猛然と抗議するのは当たり前です。


ところがその抗議があまりにも強烈ですと、損保の担当者は対応を改善しようとするのではなく、弁護士に一任します。ガンガン責められると苦しくなり、「うるさい被害者だから私の手には負えません。弁護士委任案件にしていいですか」と上司に持ちかけるのです。


大方の場合、上司はOKを出すでしょう。

こうして弁護士へ委任したあとで、被害者がひきつづき担当者に支払いを要求した場合、どうなるか。


担当者は言います。

「この案件は弁護士に委任しましたので、うちの弁護士を通して言ってください。私では対処できません」


これは、被害者からの攻撃の矛先を損保ではなく弁護士に向けることによって、担当者が責任を回避しようとする常套手段です。


弁護士に委任すれば弁護士費用がかかります。そんなことをするくらいなら、被害者の立場に理解を示して、保険金の支払いを検討すればいいものを、弁護士費用を払ってもよいから、被害者へは払わない。

 

これが損保の、実にせこくてあくどいところです。


しかし、怯むことはありません此方も弁護士を立てましょう。

此方は損保の不払いを暴くことにあります。

 

 

 

損保会社一覧

 


あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1

TEL: 03-5424-0101
http://www.aioinissaydowa.co.jp/

 

朝日火災海上保険株式会社
〒101-8655 東京都千代田区神田美土代町7番地
(住友不動産神田ビル)

TEL: 03-3294-2111
http://www.asahikasai.co.jp/

 

アニコム損害保険株式会社
〒161-8546 東京都新宿区下落合1-5-22
(アリミノビル2F)

TEL: 03-5348-3777
http://www.anicom-sompo.co.jp/

 

イーデザイン損害保険株式会社
〒163-1413 東京都新宿区西新宿3-20-2
(東京オペラシティビル)

TEL: 03-5302-3170
http://www.edsp.co.jp/

 

エイチ・エス損害保険株式会社
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12
(フロンティア四谷3F)

TEL:03-5312-8200
http://www.hs-sonpo.co.jp/

 

SBI損害保険株式会社
〒106-6018 東京都港区六本木1-6-1
(泉ガーデンタワー18F)

TEL:03-6229-0060
http://www.sbisonpo.co.jp/

 


au損害保険株式会社
〒105-6026 東京都港区虎ノ門4-3-1
(城山トラストタワー26F)

TEL: 03-5777-7373
http://www.au-sonpo.co.jp/

 


共栄火災海上保険株式会社
〒105-8604 東京都港区新橋1-18-6

TEL: 03-3504-0131
http://www.kyoeikasai.co.jp/

 


ジェイアイ傷害火災保険株式会社
〒102-0082 東京都千代田区一番町20-5
(AIビル)

TEL: 03-3237-2111
http://www.jihoken.co.jp/

 


セコム損害保険株式会社
〒102-8645 東京都千代田区平河町2-6-2
(セコム損保ビル)

TEL: 03-5216-6111
http://www.secom-sonpo.co.jp/

 


セゾン自動車火災保険株式会社
〒170-6068 東京都豊島区東池袋3-1-1
(サンシャイン60 40F)

TEL: 03-3988-2711
http://www.ins-saison.co.jp/

 


ソニー損害保険株式会社
〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1
(アロマスクエア11F)

TEL: 03-5744-0300
http://www.sonysonpo.co.jp/

 


株式会社損害保険ジャパン
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

TEL: 03-3349-3111
http://www.sompo-japan.co.jp/

 


そんぽ24損害保険株式会社
〒170-6044 東京都豊島区東池袋3-1-1
(サンシャイン60 44F)

TEL: 03-5957-0111
http://www.sonpo24.co.jp/

 


大同火災海上保険株式会社
<本店>

〒900-8586 沖縄県那覇市久茂地1-12-1

TEL: 098-867-1161

<東京支店>

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-1
(山城ビル4F)

TEL: 03-3295-1127
http://www.daidokasai.co.jp/

 

 

東京海上日動火災保険株式会社
〒100-8050 東京都千代田区丸の内1-2-1

TEL: 03-3212-6211
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

 


トーア再保険株式会社
〒101-8703 東京都千代田区神田駿河台3-6

TEL: 03-3253-3171
http://www.toare.co.jp/

 

日新火災海上保険株式会社
<東京本社>

〒101-8329 東京都千代田区神田駿河台2-3

TEL: 03-3292-8000

<さいたま本社>

〒330-9311 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2-7-5

TEL: 048-834-2211
http://www.nisshinfire.co.jp/

 

 

日本興亜損害保険株式会社
〒100-8965 東京都千代田区霞が関3-7-3

TEL: 03-3593-3111
http://www.nipponkoa.co.jp/

 


日本地震再保険株式会社
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-1
(ヒューリック小舟町ビル4F)

TEL: 03-3664-6074
http://www.nihonjishin.co.jp/

 

 

日立キャピタル損害保険株式会社
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-1-4
(大手町建物麹町ビル)

TEL: 03-5276-1391
http://www.hitachi-ins.co.jp/

 


富士火災海上保険株式会社
<東京本社>

〒104-8122 東京都中央区銀座2-12-18

TEL: 03-3542-3911

<大阪本社>

〒542-8567 大阪府大阪市中央区南船場1-18-11

TEL: 06-6271-2741
http://www.fujikasai.co.jp/

 


三井住友海上火災保険株式会社
〒104-8252 東京都中央区新川2-27-2

TEL: 03-3297-1111
http://www.ms-ins.com/

 


三井ダイレクト損害保険株式会社
〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3

TEL: 03-5804-7711
http://www.mitsui-direct.co.jp/

 

 

明治安田損害保険株式会社
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-11-1

TEL: 03-3257-3111
http://www.meijiyasuda-sonpo.co.jp/

 


どんなに大きな企業でも、会社が経営者の意向を写す鏡であることは間違いありません。


損保は数年に一度の、金融庁の定期的査察が必要でははいかと強く訴えたい。

泣き寝入りは損保の思う壺、おかしいと思ったら先ず誰かに相談を。

 

 

 

事故比率や支払額など安易な妥協は絶対しない。
損保会社は通常の支払いを「損失」として計上している。
納得いかなかったら迷うことなく裁判に持ち込み不払いを白日の下に曝しましょう。

 

http://www.agreenring.com/cgi/ciel/topics.cgi ← 食事前には見ないほうがいい たぶん。

 

スポンサーサイト

泣き寝入りを待っている

文末に画像案内あり。





慰謝料には、入通院の慰謝料と後遺障害の慰謝料があります。ここでは前者について、損保が使う悪巧みをお話します。


被害者が医療機関への入通院を余儀なくされた場合、肉体的にも精神的にも苦痛を伴います。
その苦痛をお金で慰めるのが、慰謝料です。

慰謝料には基準があります。自賠責保険、任意保険、弁護士会の各基準です。あとのものほど、基準は高くなっています。

たとえば、自賠責保険では、治療一日につき4200円です。


治療日数が30日なら

4200円×30日=12万6000円

となります。これに対し、任意保険の場合、同じ30日でも、

入院なら 25万2000円
通院なら 12万6000円

です。

 

さらに東京の弁護士会基準では、30日が

入院なら 53万円(むち打ち症で他覚所見がない場合は、35万円)
通院なら 28万円(むち打ち症で他覚所見がない場合は、19万円)

とされています。

実は任意保険の基準は公表されてはいません。
損保各社が独自に基準を作っています。
大方の損保は、前述のような基準で任意保険の慰謝料を算定しているとみて、さしつかえないでしょう。

 






記事と全く関係のない外国の交通事故ですが、悲惨すぎてブログでは即掲載拒否と思われるから此方に傷ましい記録として残しました。

http://www.agreenring.com/cgi/ciel/topics.cgi 寝る前には見ないほうがいい たぶん。

 


 

最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。