QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い恋人達

「時間経過で限定記事に移行します」
限定記事を書く理由(いいわけ)

格好をつける気はさらさらありませんが、抵抗できない幼児虐待をする若い親の多いことに驚く。
虐待するのであれば「産むな!」快楽には常に責任が付きまとうことを肝に銘じておきたいものです。

女性の様々の出来事の中でも「妊娠」は最大級のテーマーです。「予期せぬ妊娠」が女性に及ぼす影響は、単に出産に伴う肉体の変化だけではありません。恋愛、仕事、結婚、すべてに影響してきます。
女性が社会のあらゆるシーンで自分らしく活躍するにはバースコントロールの知識と、自分をよく理解した上での避妊法の実践が必要です。

避妊をするのが、パートナーでもあなたでも、妊娠するのは女性であるあなたなのです。
よい人生の為、よい出産の為にも大切なことですね。快楽のためだけでなく、以上の事を心得て限定記事を読んでいただけるのでしたら、幸甚です。

世の男性に、との思いで書いたものです。女性が見られた場合男性にこれらの事を強要してもいい結果は出ないと思います。長い道程ですから焦らずに逆にリードして快楽を共有する。そのように解釈なさってください。aty

原則論をいえば、男女の自然なセックスにテクニックなんかいらないと考えている。最低、双方が好意を抱いていることが男女のセックスの成立要因である。必ずしも愛し合っていないといけないというものではない。

好きなら手を繋ぎたくなる、キスがしたくなる、抱きしめたくなる。この延長上にいわゆる男女のセックスがあるに過ぎない。たしかに、風俗とか売春においても同様の行為を行うことは可能だが、ここにおけるセックスは男女双方が快感を得るためのものであり、男が金を払って専ら快感を得る行為は含まれない。

男女がセックスをするということ、そこには様々な形態があるだろうが、少なくとも好意を感じる程度の気持が双方に存在しているということが、このセックステクニックの前提にある。その意味で、風俗嬢・売春婦とのセックスや強姦などの行為は含まれないのは当然である。


何故この件に固執するかというと、女性側が男性に対して、好意を持つ、好きという気持を抱く、大好き、愛している、尊敬してるなど、その男性に対してプラス方向の感情を持っていないと、どのようなテクニックを駆使しても、それは時間の無駄であり徒労に終わる可能性が高いからである


男性側はとりあえず射精が出来れば快感はあるのだが、上記のような感情を持っていない女性に対して、性的刺激を充分受けられるかどうかが問題になるだろう。若い性欲=勃起の時代ならば=射精で一件落着なのだが、歳とともに勃起そのものが難しくなるかもしれない。


逆にいうならば、セックスの快感はテクニックによっても得られるものだろうが、愛しあう男女が抱合うだけでも性的快感は得られる。テクニックなんか全然ない男女でも、愛し合い、抱合いたい感情の盛り上がり次第では、挿入=オーガズムというプロセスもあり得る。

つまり、好き合う、愛し合うという求め合う感情を持つことで、セックスにおけるテクニックは相当量猶予されるということだ。巷でよく言われる愛のないセックス(セフレとか行きずりの男女)だが、このような男女の関係にも、好ましい男とか可愛い女とか、広い意味の好感があるわけで、一種前向きなプラス思考がパートナー同士にあると考えるべきである。愛という言葉はとかく米国型認識で語られているので注意したいものです。


-続く-
かもしれない。
スポンサーサイト

下着の文化史


上野千鶴子の有名な著書
「スカートの下の劇場 人はどうしてパンティーにこだわるのか」
に代表されるように、下着はセクシュアリティの問題を様々な
視点から考える上で、格好の素材でもあります。

おすすめの一冊目は
「下着の文化史」。
上智大学文学部史学科、東京大学文学部西洋史科で学び
日本風俗史学会会長かつビューティサイエンス学会会長の
青木英夫氏の著書です。

この本の帯には
「人間は性の魅力を誇張するため下着で生活を作り替えた」
とあります。


もう絶版になっているので図書紹介には掲載していませんが
1976年にホーキチ出版から刊行された玉川長一郎氏の著書にも
「下着の文化史」
があります。
副題は「女性美を追求した初のアンソロジー」。


上着や目に見える装飾とも
身体に直接施す刺青やボディペインティングとも
そしてヌードとも
本質的に違うセクシュアリティが下着にはあります。

それは、目に見える
「装いを剥ぎ取った奥にある神秘」
あるいは
「ぎりぎりにまで隠された緊張感」
はたまた
「自然を拒否した造形美」
へのときめきか?



「下着は衣服の中のマイノリティ」
かつ
「マイノリティの中にこそ美と真実がある」
この思考少しおかしいでしょうか?


野外性交はアブノーマルな楽しみと捉えられているが
20世紀中頃までは日常的光景だった。
日本人の男女が愛し合う場所は、なぜ屋内に移っていったのか?


終戦直後には
「皇居前広場」
という言葉が性交を連想させるほどに
かつては野外性交が一般的だった。
しかし、待合、ソバ屋、円宿、ラブホテルなどの施設がうまれ
人々はもっぱら屋内で愛し合うようになる。


懐かしきなるか、野外よ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。