QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼子母神

鬼子母神はお釈迦様のお説きになられた「法華経」というお経のなかに説かれる神様です。名前をサンスクリット語(古代インドの言語)でハーリティー”(Hariti)といい、これを訳して“鬼子母神”または音訳して、“訶梨帝”(かりてい)などと呼ばれます。


鬼子母神には、ひとつの伝説があります。

鬼子母神は般闍迦(Pancika パーンチカ)とゆう神様の妻であるとても美しい女神で、500人ものたくさんの子どもがいました。

鬼子母神はこの愛する子供たちを育てるため人間の子供をさらってなんとこれを食べていたのです、人間たちは子供たちをさらわれることを恐れ苦しみ、お釈迦様に相談しました。

お釈迦様は一計を案じ、鬼子母神がもっとも可愛がっていた一番下の子供の姿を神通力によって隠してしまいました。

鬼子母神は嘆きそして悲しみ、必死になって世界中を気も狂わんばかりに探し回りましたが、勿論見つかるはずもなく、途方に暮れついにお釈迦様の元に行き、自分の子供が居なくなり見つからないことを話し、助けを求めました。

お釈迦様は鬼子母神に「500人の子供の内、たった1人居なくなっただけで、おまえはこのように嘆き悲しみ私に助けを求めている。

たった数人しかいない子供をおまえにさらわれた人間の親の悲しみはどれほどであっただろう。その気持ちがおまえにも今わかるのではないか?」とはなし、「命の大切さと、子供が可愛いことには人間と鬼神の間にも変わりはない」とおしえられ、子供を鬼子母神の元に返しました。

鬼子母神はお釈迦様の教えを受け、改心し以後は全ての子供たちとお釈迦様の教え、またお釈迦様の教えを信じる全ての人たちを守ることを誓いました。

これ以降、鬼子母神は鬼ではなく仏教と子供の守り神となりました。

鬼子母神は右手にザクロの枝をもち、ふところに子供を抱いています。鬼子母神がザクロを持っていることについてよく「ザクロは人の肉の味がするから、子供を食べられなくなったかわりに食べている」といわれます。

ザクロの実をみると1つの実の中に又たくさんの小さな実があり、その一つひとつがそれぞれに小さな種を持っています。

このことからザクロは古くから子孫繁栄をあらわす縁起のよい果物として「吉祥果」ともいわれています。鬼子母神がこのザクロの枝を手に持つのは子供を守る神として子孫繁栄の願いが込められているのです。


現世に目を転じれば、子供虐待が起きる原因はいとも簡単で、産まなけりゃいいんですよ。再婚の連れ子にこの凶悪犯罪の虐待に遭う傾向が多く見受けられます。

子供は親を選べないのです。

虐待をする世の親どもよあなたたちは人間の皮を着たハイエナにも劣る人種だ!!


スポンサーサイト
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。