QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万ドルのチップ

アメリカのインディアナ州ピザハットに勤める20歳のウェイトレスが、なんと1万ドルのチップをもらってしまったというニュースです。


そのラッキーガールはジェシカ・オズボーン"Jessica Osbourn"という20歳で、よく働く愛想のいい女性でした。そのジェシカに寛大なチップを支払ったのが、ベッキーという常連客です。

彼女は毎週金曜日ごとにピザハットへ来ていた常連客で、何度も来るうちにジェシカと会話を交わすようになり、以前カレッジに通っていたけれど金銭的な理由により辞めてしまったことなども話すようになったそうです。


ジェシカの仕事ぶりをベッキーはこう話しています。彼女はいつも元気で、明るくて、知的で、文句ひとつ言わなかったわ。本当にいい子だったわ。

明るい笑顔の裏にはあきらめきれないカレッジへの思いなどがあったようです。そんな思いがベッキーに伝わったようです。

ベッキーは毎週金曜日に自分の家族を連れて、同じものを食べに来ていました。彼女は数年前に自分の夫と長女を交通事故で亡くしていました。

その事故から大きな財産が転がり込んできたので、いつも誰かの手助けはできないかと考えていたそうです。 もちろんそのことはベッキーは知らなかったのですが、ベッキーはジェシカのことを知るうちに何とか手助けできないかと思ったそうです。

そこでベッキーはピザを食べにいったついでに、「渡したいものがあるのよ」封筒を渡しました。中をあけたジェシカは、泣き出してしまい、息もつけないほどでした。

いつもの15%のチップじゃなく、1万ドルの小切手がそこに入っていたからです。 夢だったカレッジへ通うことが叶います。


http://abcnews.go.com/GMA/OnlyinAmerica/story?id=3374034

笑顔は七難隠すですね。



スポンサーサイト

tag : アメリカのインディアナ州 ウェイトレス Jessica Osbourn ピザハット ベッキー 事故から大きな財産が転がり込んだ 1万ドルの小切手 15%のチップ

人々を魅了する世界の橋

水なくして人は生きていけませんが、水があれば今度は渡るための橋が必要となってきます。

木から石へ、石から鉄へと、橋を造る技術も発展してきました。

そんな無数にある橋の中でも、特に魅惑的な「世界の美しい10の橋」をご紹介します。


10. ハージュー橋(イラン)
世界の橋10a
17世紀にシャー・アッバース2世によって建設されました。全長133mの2階建てで、世界三名橋の一つにも選ばれています。


世界の橋10b
橋げたはアーチ状になっておりダムの役目も果たしています。ザヤンデ川沿いにあるガーデンへ水を引くのにも利用されています



9. ポン・デュ・ガール(フランス)
世界の橋9
フランスの南部にあるローマ時代の技術が見える傑作と言われています。人を渡すための橋ではなくニームへ水を運ぶことを目的とした水道橋です。

初代ローマ皇帝アウグストゥスの腹心で義理の息子でもあるマルクス・ウィプサニウス・アグリッパにより作られました。アーチ型になったこの橋は3層の構造になっており、一番上の層が水の運搬に利用されています。



8. ため息橋(ヴェネチア・イタリア)
世界の橋8
19世紀にジョージ・バイロンによって名付けられました。窓から顔を出した囚人たちが、この橋を見てはため息をついたことが由来だそうです。恋人たちがゴンドラでこの橋の下を通るときにキスをすると、永遠の愛が約束されるとして人気の観光スポットとなっています。



7. アイアンブリッジ(イギリス)
世界の橋7a
シュロップシャーにあるセヴァーン川に架かる世界初の鉄橋で、産業革命時代のイギリスを象徴するものとなっています。鉄鋼場が近くにいくつもあったことも鉄橋が出来た理由の一つとのことです。


世界の橋7b
合計400トンの鉄が使用されている割に完成までのスピードは意外に早かったと言いますが、施工した製鉄業者のエイブラハム・ダービーは橋に掛かる費用を低く見積ってしまったため、完成後は生涯借金を抱えることになりました。




6. 屋根付き橋いろいろ(アメリカ)
世界の橋6a
カナダのオンタリオ州にあるグランドリバーに架かるこの橋は、映画「マディソン郡の橋」によって一躍有名になりました。地域住民は「キスの橋」"Kissing Bridge"と呼んでいるそうです。


世界の橋6b
ノースキャロライナ州のピスガ"Pisgah"に架かるこの橋は、2003年に洪水で流されてしまいましたが、使われていた材木の9割を再利用して再建されました。州に残された古い2つの橋の1つとのことです。


世界の橋6c
オハイオ州・ビーバークリーク州立公園にある屋根付き橋。

19世紀のアメリカは材木が非常に豊富で安価だったことから、この時代に多くの屋根付橋が建設され、小さなものまで合わせると数万という橋があったそうです。屋根を付けることで材木が風雨から守られ、長持ちすることが理由でしたが、今日のアメリカやカナダでは放置・蛮行・木材盗難・放火により、ほとんどは失われてしまったそうです。




5.ヴェッキオ橋(フィレンツェ・イタリア)
世界の橋5a
アルノ川に架かる中世時代に造られた橋。橋の役目以外にも、ストリートであり、マーケットであり、世界三名橋のひとつに数えられるフィレンツェ最古の伝統建造物でもあります。

中世以前に存在していた古い橋が洪水で流されたあと、現在の橋が1345年に造られました。橋の上を肉屋や皮なめし職人に貸すことで、建設の資金源を得ていたようです。


世界の橋5b
屋根が付いたのは1565年で、コジモ一世(メディチ家出身の初代トスカーナ大公)のお抱えだった建築家ジョルジョ・ヴァザーリに依頼して付けられました。その後すぐに宝飾店や金細工店など高価な品を扱う店が立ち並ぶようになりました。それによって肉屋などの業種が追い出される形となったようです。

第二次世界大戦中には洪水やドイツ軍による爆破の恐れがあっようですが、ヒトラーが橋を保存するように直接指示したとのことです。



4. 風雨橋(中国)
世界の橋4
中国南部の少数民族であるトン族によって造られました。彼らは川の多い低地や谷に居住しているため、橋を建設することに長けたと言われています。風雨橋と呼ばれるこれら屋根付きの橋は、釘を使わずにはめ込んで造り上げるそうです。特に有名で大きなものが「程陽風雨橋」や「程陽永済橋」で1本の釘も使われていないそうです。




3. ブルックリン橋(ニューヨーク・アメリカ)
世界の橋3a
1855年にジョン・ローブリングがこの橋をデザインした時には、世界最長の吊り橋でした。イースト川に架かるこの橋は現在では最も交通量の多い橋のひとつとして有名です。


世界の橋3b
ローブリングは市からこの橋の建設許可を得るのに14年もの歳月を掛けたそうです。ようやく許可が降りて現場の調査に行った際に足をフェリーに潰されてしまい、建設施工3週間前にして破傷風で亡くなってしまいました。

その後、息子のワシントン・ローブリングが後を引き継ぎましたが、彼もまたケーソン病に犯され下半身を麻痺。しかし妻のエミリーが工学を学び現場へ何度も足を運んでチーフ・エンジニアの夫を支え、1883年に竣工・完成しました。

橋が完成したときにはエミリーがその栄誉をたたえられ、勝利を表す雄鶏を膝に乗せて最初に橋を渡ったそうです。同時期に造られた橋のほとんどは崩壊していますが、ブルックリン橋は当時必要と考えられていた強度の6倍にしてありました。このことも現在ローブリングが評価されている理由のひとつとなっています。



2. タワー・ブリッジ(ロンドン・イギリス)
世界の橋2a
19世紀後半の時点でロンドン・ブリッジの交通量は非常に多かったと言い、それがタワーブリッジの建設の理由となったようです。


世界の橋2b
建設が始まったのは1886年。橋の真ん中から両側に開く跳開橋となっています。最初の建築家は完成する前に亡くなり、後を引き継いだジョージ・スティーブンソン氏がデザインを少し変え、外壁をレンガからロンドンタワーに合わせるようにビクトリア・ゴシック調にしたそうです。




1. ゴールデン・ゲート・ブリッジ(サンフランシスコ・アメリカ)
世界の橋1a
サンフランシスコのシンボルとも言えるこの橋ですが、建設当時は不可能な事業だと思われていたようです。


世界の橋1b
1916年に初めて橋を建設するアイデアが構想され、当時で1億ドルという予算設定だったことからほぼ即決で却下されるようなプロジェクトでしたが、当時の橋建設のベテランだったジョセフ・シュトラウスが20年に渡り請願し続けたそうです。


世界の橋1c
22年目についに実を結び、建設にこぎつけることになりました。赤く見える橋は実際は朱色ですが、常に曇っているサンフランシスコの風景によく映えます。

文字通り人々の生活を支えてきた橋ですが、今日当たり前に水の上を渡れているのも、建築家や携わった人たちの尽力があったからこそですね






http://www.neatorama.com/2008/03/07/10-most-beautiful-bridges-in-the-world/

tag : ハージュー橋 ポン・デュ・ガール ため息橋 アイアンブリッジ 屋根付き橋いろいろ ヴェッキオ橋 風雨橋 ブルックリン橋 タワー・ブリッジ ゴールデン・ゲート・ブリッジ

お茶でも飲みながら

午後のお茶を飲みながらどうぞ。
荒んだ気持ちを和らげようと教えてくれたのだろう・・・感謝です。

これも上と同じ京都の友人が教えてくれました。
音量に注意です。びっくりした
これでも見て落ち着いてっていうことかな 謝謝謝謝
寄ってたかって弱い物虐め。
生きるのに精一杯なのかな?荒んでるよね・・・ん、私にするってか



「Miss 50 years old」

画像はオンマウスで拡大します。
 
 セクシーな水着姿を惜しげもなく披露する美女たちが集まっていますが、彼女たちにはちょっとした秘密があります。

見た目より若いのか、歳をとっているのか、年齢が想像付くでしょうか?








実はこのイベントのタイトルは「Miss 50 years old」








そう、信じられないことに全員50歳なんです。







 
“人生は50歳から!”と、水着をまとった美しい女性達がアメリカ・ラスベガスに集結したそうです。







 
後姿はほぼ裸同然で、もはや水着を着ていると言えるのかわからないような状態ですが、いったいどうすれば50歳にしてこのスタイルを維持できるのでしょうね。







 
鍛え上げた美しい体をセクシーな水着で包んだ女性達の姿に観客(見る限り殆ど男性)は驚きと喜びを隠し切れないといった様子です。

でもこれだけ美しければ、人生50からって思えるような気がしますね。

いつまでも若く美しくありたいと願うのは女性の永遠のテーマですから。



元記事 ココ





おしまい。


CrounSeries 1



中谷幹人


俗に言うハイカイ(徘徊)を時々楽しんでおります。

十人十色、よく言ったものです。

様々な言葉で表現、発信されていますがバラエティに

富んでいて、浦島太郎が竜宮城で時の経つのを忘れた

そんな気分に浸れますね。




そんなおり、アメンバーになっていただいた方で

ジャズピアニストの、中谷幹人(なかたにみきと)さんを

紹介させていただきます。


atyの徒然ブログ


私の稚拙な説明より、百聞は一見にしかずです。
演奏をお聞きになってください。



中谷幹人で検索されればヒットします。
音楽教室もやっておられるようです、興味のある方
門を叩いてみたら如何でしょうか。


最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
フリーエリア
プロフィール

Wolfgeneral

Author:Wolfgeneral
訪問いただきありがとうございます。
何もありません。稚拙な記事以外は^^;
それでも閲覧したい方は自己責任でお願いします。
尚、後遺症が出ても一切の責任は閲覧者に帰するものとします。

フリーエリア
追記予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。